せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アカガエル類産卵状況2014

今シーズンのアカガエル類の産卵状況をまとめてみました。
(2009-2013年のまとめはこちら

産卵の初確認は2014年2月3日でした。


グラフ

上の図は、ニホンアカガエルとヤマアカガエル合わせての
今シーズンの産卵塊数の推移(積上げ)です。
横軸は調査日、縦軸は卵塊数です。

今シーズンは計174卵塊を自然観察園で確認できました。
産卵のピークは2月下旬だったようです。

調査自体は4月中旬まで続けましたが、
3月23日以降、新たな卵塊を確認できませんでした。

また、例年アカガエル類のおたまじゃくしの観察に適する
トンボ池前の水路(上の図ではトンボ池エリア)には
とうとう産卵が見られませんでした。


グラフ

次の図は、2009年から2014年のシーズン産卵総数の推移。
横軸が調査年、縦軸が卵塊総数です。

今シーズンはこれまでの調査で確認できた卵塊数が
最も少ない結果となりました。

下の図は、2009年から2014年の総卵塊数の前年比(%)です。
縦軸が前年比(%)


グラフ

過去最高だった昨シーズンの45%。半分以下でした。

3月に入ってからほとんどアカガエル類のたまごを見られなかったので
気になってはいましたが、
まとめてみると結構衝撃ですね。

今年は3月が特別寒く感じましたので、その辺り、
天候等が影響したのかなと思っていますが、
どうでしょうか?

自然観察園の畦や草地、山林、水辺環境、およびその管理については
昨シーズンまでとそんなに変わっていないと思うのですが・・・。

いわゆる地球温暖化で、
寒暖の差が厳しくなってきているような気がします。
今後も地球温暖化、気候変動が続けば、
アカガエルたちへの影響も大きくなってくるのでしょうか?

来シーズンはたくさん産んでくれるのか?
今後もモニタリング調査を継続していきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2014/04/20(日) 12:31:02|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出てきました! | ホーム | コバノミツバツツジ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/960-c91562ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。