せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

せら里山楽校を行いました

22日(土)には、
せら里山楽校が行われました。

1時間目の理科、
カエルのたまごをさがそう!では、
湿地でたまごを産むアカガエルやカスミサンショウウオのお話。
このところの寒さの影響か、この湿地では
まだアカガエルたちの卵塊が見つからず残念でしたが、
湿地と里山をこれから整備していく
目的を知って頂くことができました。

2時間目は、前回の続き、
湿地のわくわく道づくりをしながら、
ノコギリの使い方を実習しました。


里山整備

ノコギリで楽しくギーコギコ。
10cmくらいある太い木を切り倒した子もいました。

3時間目は里山で食べるお弁当。

ジョウビタキものぞきに来てました。


ジョウビタキ

4時間目も湿地のわくわく道づくりの続き。
みなさんのがんばりで、一応
湿地を一周する観察道が開通!!


里山整備

人数が集まれば仕事もはかどります!
次回の里山楽校では、観察がしやすいように
もう少し整備を進めていきたいですね。


湿地

終わりの会前の休憩時間に、スタッフの方が
湿地の水辺で、カスミサンショウウオの卵塊を見つけてくれました!


カスミサンショウウオ卵嚢

かたまりが2つも!
もう産まれていたのですね。
最後にみなさんに見て頂くことができてよかったです。


次回のせら里山楽校は3月22日(土)
ぜひご参加ください。



広島ブログ
  1. 2014/02/23(日) 09:29:03|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新聞記事:世羅台地の希少生物保護 | ホーム | セラという名の珪藻>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/917-15a8fb77
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)