せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

アブラコウモリ

先日のキクガシラコウモリの記事を見て、町内の方から
コウモリが出てきたとの連絡を受け、見に行ってきました。


アブラコウモリ

世羅町の街中、
家屋のコンクリブロック塀を解体中に
見つけたそうです。


アブラコウモリ

ブロックの空間に集団10匹がいて、
たき火で温めたら他のは飛んでいったそうで、
1匹力尽きたのを見せてもらいました。
ありがとうございます。


アブラコウモリ

頭胴長49mm

アブラコウモリ

翼を広げると、幅は20cm以上

アブラコウモリ

オスのコウモリらしく、
体の割に長い陰茎が見られます。
触ると硬く、ちゃんと骨も入っているようです。


アブラコウモリ

図鑑や知人に聞いて調べた結果、
「アブラコウモリ」(油蝙蝠)のようです。


アブラコウモリ

イエコウモリ(家蝙蝠)の別名もあり、屋根裏などにも住み、
日本人に最もなじみのあるコウモリと紹介されています。

コウモリは、夏の夕方には盛んに外を飛び回り、
蚊などを捕食するので蚊食鳥(かくひどり)ともいうそうです。

コウモリは哺乳類の中でも種類の多いグループらしいので、
世羅台地にどんなコウモリが見られるか
また調べてみたいですね。


此の道やゆくてゆくてと蚊食鳥 (高柳重信)



広島ブログ
  1. 2014/01/19(日) 12:17:04|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大寒 | ホーム | ヤマコウバシ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/900-b2bc8156
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)