せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生息地管理

今日はヒョウモンモドキ保護の会 主催の
生息地管理に参加してきました。

当園も、
ヒョウモンモドキ保護の会や日本チョウ類保全協会等と連携して、
生息地管理等の保全活動に協力しています。

生息地の管理といっても、主な作業は草刈りと草集め。
幼虫の食草であるキセルアザミが葉を伸ばしやすくするために、
成虫が蜜を吸うノアザミが花を咲かせやすくするために、
ススキなどの茂った草を刈り、除けてやります。

この時季は幼虫の姿で冬眠中のヒョウモンモドキ。
対象となる生きものの生活を考えた、
湿地・草地の管理・工夫が必要。
来シーズンも姿を見られるか楽しみです。


湿地の畦や道ばたでは、
いろいろな花が見れました。

リンドウ

リンドウ

ヤマラッキョウ
ヤマラッキョウ

その他、ワレモコウやキセルアザミ、ススキ(尾花)などなど。
こうした花も草刈りによって育まれてきました。

牛馬のエサや肥料など、人々の生活を支えてきた草地。
絶滅危惧種の多くも生活の場として利用・依存している草地について、
もう一度見直していけたらと感じています。


牛すねて車傾く草の花 (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2013/10/31(木) 19:10:53|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<11月のイベント | ホーム | イヌセンブリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/857-39bc791c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。