せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

気孔

先日は、地域の中学校で理科の授業に参加してきました。
植物の気孔の観察

教科書では、
“気孔は植物の葉の裏に多い”と習うようですが、
世羅台地のため池で見られるような
水生植物(浮葉植物・浮葉)ではどうか?というテーマ。

プレパラートづくりに苦戦しながら
顕微鏡で観察。

マルバオモダカ、浮葉の

倍率は忘れました・・・
マルバオモダカ葉表の気孔

気孔がたくさん観察できました。

マルバオモダカ、浮葉の

上のと同倍率
マルバオモダカ葉裏

気孔は観察できず。
表面のようすも表側とは違うようです。

陸上植物もツユクサやセイタカアワダチソウで
気孔を観察。


水草授業

水生植物の浮葉では、陸上植物と異なり
葉の表側に気孔が多い
となりました。

予想の段階では、
中学1年生の多様な考え・発想に楽しませてもらいましたが、
実際に自分で観察・確かめてみることが一番大切です。

身近な自然だからこそ、
ドキドキワクワクの世界が待っています。



広島ブログ
  1. 2013/09/23(月) 22:10:23|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<コアシダカグモ | ホーム | サイエンスカフェみつぎvol.2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/823-1b4b6c01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)