せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

キスゲフクレアブラムシ

トンボ池のユウスゲに
白いアブラムシがついています。


キスゲフクレアブラムシ

キスゲフクレアブラムシ
という名前のアブラムシ。
名前の通り、キスゲ、ユウスゲノカンゾウなどの
ユリ科ワスレグサ属の植物に寄生します。


キスゲフクレアブラムシ

ユウスゲに寄生するのは初夏から秋にかけて。
秋から春にはゴンズイという樹木に寄生するらしく、
ゴンズイノフクレアブラムシ
という別名もあります。
同じ種類の虫が、季節によって寄生する植物を変えるというのは
おもしろいですね。


キスゲフクレアブラムシ

トンボ池のユウスゲでは、
今年も遅い時季の発生でしたが、
早くから発生すると、茎やつぼみにアブラムシがびっしり付いて、
花も咲けずに、かわいそうな状態になってしまします。

キスゲフクレアブラムシの発生状況を捉えるには、
近くにゴンズイやミツバウツギといった冬季の宿主となる樹木があるか
確認したいところです。



広島ブログ
  1. 2013/08/30(金) 06:54:22|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<9月のイベント他 | ホーム | 土曜日のイベント>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/804-3ada9c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)