せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生物多様性保全ワークショップin宇和のそら

先日は、愛媛県西予市、旧の宇和町で、
『生物多様性保全ワークショップin宇和のそら』に参加してきました。

ここは、昨年お隣の御調町にもやってきていた
コウノトリがたびたび訪れているところ。

今回のワークショップを主催した伊賀上ロマンの里づくり会さんらは、
耕作放棄田を活用したビオトープづくりに取り組みはじめておられました。


ワークショップ

今回は、多様な生きものブランドによる生態系保全・再生の実際
というテーマを頂いて、管理人を含め3人が
広島・世羅台地での取り組みを紹介しました。先にお2人が
・里山での生物多様性保全について
・生きものブランド米の取り組みについて
話された後、管理人は自身の生きもの帽子シリーズ
『パラタク帽』の取り組みを発表しました。

パラタクとはpara-taxonomy(準-分類学)の略で、
一般には難しく感じる生物の分類、生きものを見分けることを
分かりやすく伝え、その裾野を広げていこうという取り組みです。
かわいい生きもの帽子で楽しく、しかも
生きものの見分け方や暮らしもしっかり学べるのがパラタク帽!

ワークショップ中にも、早速実演です。
同席していた愛媛県職員の方が、管理人最新作の
アライグマ帽子をかぶり、アライグマへの注意を呼びかけました。


アライグマ

手にされているのは、愛媛県の生物多様性センターが作成した
「アライグマ情報求む!」のちらし。
愛媛県では一昨年の平成23年12月に
生物多様性えひめ戦略が策定され、このような取り組みが加速しています。
広島県でも策定まであと少しと期待です。

今回のワークショップには、管理人の高校の先輩のお父さんも参加されておられ、
そうしたつながりにも驚かされました。
先輩もご活躍のようで嬉しく、懐かしかったです。

翌日には、昨年宮城でご一緒させて頂いた
宇和コウノトリ保存会さんのビオトープを見学させて頂きました。


ビオトープ

田んぼには水田魚道がたくさん設置してありました。
時季には多くの魚がため池から上ってくるそうです。


ビオトープ

田んぼにはヒヨセ(宇和町ではイデ(井手)と呼ばれています)が
しっかり掘ってあり(ユンボを使って掘られたそうです)、
コウノトリのエサとなる魚や他の多くの生きものがすみやすい
環境づくりに取り組まれていました。

広島と愛媛は瀬戸内海をはさんだお隣さん。
違った者同士がお互いに交流することで
育まれていく技能や文化は大きいと思います。

コウノトリのように、高い空から見ながらも、地に足を付けて、
在地の生きものとしっかり向き合い、取り組んでいきたいです。



広島ブログ
  1. 2013/02/19(火) 18:26:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ジオパーク | ホーム | 雨水>>

コメント

(o゚∀゚)ノ☆゚。+。【祝誕生日】。+。゚☆ヾ(゚∀゚o)
  1. 2013/02/19(火) 21:22:21 |
  2. URL |
  3. プティコション #-
  4. [ 編集 ]

Re: プティコションさま

ありがとうございます。
これからもご声援よろしくお願いします(笑)
  1. 2013/02/19(火) 22:45:13 |
  2. URL |
  3. 自然観察園管理人 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/647-7be72383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。