せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ヤブコウジ

せら夢公園サポーターズクラブで
ナツツバキ林として整備しているところで見られた
ヤブコウジ


ヤブコウジ

高さは10~30cmと低いのですが、
立派な樹木。木本植物です。

緑の葉からちょこんとのぞく赤い実がかわいいですね。
観賞用として庭木や盆栽に使われるそうです。

標準和名:ヤブコウジ
分類:ヤブコウジ科 ヤブコウジ属

千両万両として知られるマンリョウは同じヤブコウジ科・属ですが、
センリョウはセンリョウ科で、違うグループの植物です。



万葉集ではヤブコウジは
「やまたちばな(山橘)」と呼ばれていたようです。

この雪の消(け)残る時にいざ行(ゆ)かな山橘の身の照るも見む(大伴家持)



時代は下って、俳句では冬の季語

雪積まぬひと処あり藪柑子(やぶかうじ)(井口さだお)


時代が変わっても、雪とヤブコウジは心に響くセットのよう。
次の雪の日にはぜひ見に行ってみたいです。



広島ブログ
  1. 2010/12/13(月) 18:13:57|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ツルリンドウの実 | ホーム | 【新聞記事】クリスマスリースづくり>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/64-ce9ceb97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)