FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ひろひろウオーキング歴史編に行ってきました。

先日行ってきました
ひろひろウオーキング歴史編。
歴史ガイドの方に案内してもらいながら、
世羅町の魅力を再発見するイベントです。
管理人も自然観察ガイドを兼ねて参加してきました。

まずは世羅町の資料を展示している
「大田庄歴史館」
中世の庄園名を冠した資料館は他例はないのではないでしょうか。
企画展「せらの考古学展」もよかったです。
古墳時代において世羅がいかに重要だったかが分かりました。

今高野山の参道の紅葉、きれいです。


今高野山

続いて宇津戸(うづと)地区の
「姥石(うばいし)」


姥石

田んぼのど真ん中にある石。
この地域にあった中世の庄園「海裏庄(うづとのしょう)」で
もともとの庄園領主だった領家と、鎌倉幕府が置いた地頭とが
庄園を分け合った、その境になった石です。

ここからは世羅台地の最高峰
宇根山(699m)がきれいに見えました。


宇根山

次は、井庄原(いしょうばら)の鹿垣(ししがき)

井庄原鹿垣

しし垣とは、シカやイノシシが田畑・集落に
入ってこないようにと築いた石垣のこと。
先人たちの苦労をうかがい知ることができます。
八田原ダムの工事に伴い現在の地に移築されました。

なお、井庄原の地名は、むかし平家の落人が、
ここで武装を脱いで平服衣装に着替えたことから
名づけられたと伝えられています。

午前中、最後は
井原八幡神社


井原八幡神社

大田庄の発祥の地で、
この地域から大田庄が開発・拡大していったそうです。

午後には青近の
円満寺


円満寺

雪舟が創建・築庭したと伝わるお寺です。
その後、山津波があったらしいのですが、再建。
この日もすばらしい紅葉を見ることができました。

前にそびえる
男鹿山(634m)


男鹿山

おとなり女鹿山(624m)の麓にある「ドナ」さんの
ジェラートもおいしかったです。

はりまの
岩屋観音


岩屋観音

大きな岩の岩陰におまつりされてありました。

最後に赤屋の報恩寺さんを参詣。

世羅町は日常のすぐ傍に
古代から中世、近世の歴史が顔をのぞかせています。
歴史の教科書をたどるような
味わい深い一日となりました。



広島ブログ
  1. 2012/11/22(木) 12:30:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<枯れ芒 | ホーム | 石鎚ふれあいの里に行ってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/578-2f240dec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)