せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

石鎚ふれあいの里に行ってきました

先日、せら夢公園サポーターズクラブで、
愛媛県西条市にある『石鎚ふれあいの里』へ
視察研修に行ってきました。

廃校になった小学校跡を利用した宿泊施設で、
衣食住につながる体験を通して自然科学の基礎にふれる
体験学習のプログラムが人気です。


石鎚ふれあいの里

午前中は、その中で
「大保木の小道を歩く」を体験しました。
昭和30年代には3,000人以上が暮らしていた地域を
ガイドの方と歩きながら、
自然や暮らしの知恵を感じるプログラム。
いいお天気にも恵まれました。


石鎚ふれあいの里

急峻な四国。
今も少しづつ高くなっている山々と
川の流れで削られてできた地形は、
「V字谷」と呼ばれています。

林業が盛んで、焼畑などをしながら暮らしていたそうです。


愛媛県西条市

歩きながら、屋地があったり、お茶の木があったりして、
昔はたくさんの人が住んでたんだろうなと
その暮らしぶりも想像してみます。

折り返し地点のお堂では、
スタッフの方が温かいお茶を用意して
待っててくださいました。
温まります。


治兵衛堂

ガイドをして頂いた山本さん

山本さん

管理人の大学の先輩でもあります。
くしゃっとなったクズの葉を開いてみているところ。
夏から秋には、コテングコウモリという
小さなコウモリが中に入っていることがあるそうです。
今度こっちでも探してみよう。


愛媛県西条市

川もとても澄んできれいです。
川の岩陰に巣を作るカワガラスも見られました。

約2時間の散策の後はお昼。


昼食

しいたけの出汁でとったうどんのお汁に大根菜のご飯、
こんにゃくのお刺身にイタドリの酢の物。
この地域の自然と文化を感じるメニューに感激です。
おいしかった~。

午後からは「草木染」を体験しました。


草木染

四季折々の植物で布を染める。
シルクのハンカチで挑戦しました。
動物由来の繊維は植物由来の染料と相性がいいそうです。
元は学校の給食調理室だったところで体験。
部屋に入ると、色の元になる植物が煮えて、
なんともいえない香りが。


草木染

今回用意して頂いた植物は
ビワ


ビワ

6月ごろにおいしい実を頂いているビワは
11月ごろに花を咲かせるそうです。ちょっと意外。
ビワの実のような落ち着いたオレンジ色に仕上がりました。


草木染

里山の自然や暮らしの魅力を伝える取り組み。
せら夢公園やサポーターズクラブにとっても大変参考になりました。

愛媛から世羅にもダルマガエルやコウノトリの取り組みで
視察に来て頂いていることもあり、今後も交流を深めながら
レベルアップしていきたいと思います。



広島ブログ
  1. 2012/11/21(水) 12:35:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ひろひろウオーキング歴史編に行ってきました。 | ホーム | まだ飛んでいます>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/577-43cc65b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)