FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

秋の観察会

昨日は、午前と午後との2組が観察園で
秋の生きもの観察。

午前の部では、ネイチャーゲームを織り交ぜながら、
秋の観察園を楽しみました。
子どもたちは本当いろいろな生きものを見つけてくれます。
私も驚いたのがこの子。


ウスバカゲロウ?の幼虫

おそらくアリジゴクの異名を持つ
ウスバカゲロウのなかまの幼虫だと思いますが、
舗装道路の上をひょこひょこと歩いておられました。
お外を移動してるところは初めて見ました。
冬越しの場所を探しておられたのでしょうか?


午後の部は、地元小学校の子ども会。
今回は赤トンボを中心に、虫とり網で捕まえながら観察してもらいました。

アキアカネも見つかってひと安心。

アキアカネ

小さな赤トンボ
ヒメアカネ (メス)

ヒメアカネ

捕まえてもらった赤トンボをチャック袋に入れといて
どんな赤トンボがいたかチェックしてみました。
15時前後の約45分間。親子約40人での成果は、
ナツアカネ:オス7匹、メス8匹
アキアカネ:オス2匹
ノシメトンボ:オス2匹、メス3匹
マユタテアカネ:オス1匹
ヒメアカネ:オス1匹、メス4匹
計28匹でした。
赤トンボが少ないな~と感じていたので
思ったよりは捕れててよかったです。

蝶も見つかりました。

オオウラギンスジヒョウモン

オオウラギンスジヒョウモンだと思います。
この子も翅がぼろぼろ。秋の蝶。
キタキチョウやベニシジミも見つかりました。

その他、この日見られた生きものを挙げてみます。
アオイトトンボ、オオアオイトトンボ、オツネントンボ、
トノサマバッタ、クルマバッタ、クルマバッタモドキ、
ショウリョウバッタ、オンブバッタ、
オオカマキリ、チョウセンカマキリ、コカマキリ、
イシガメ、カナヘビ、ニホンアカガエル、シュレーゲルアオガエル、などなど。

捕まえて観察して逃がしてあげて。
子どもたちのこうした体験が
身の周りの自然を感じる自分の
“ものさし”を育てていくのではないかと思っています。
ふるさとの豊かな自然をもっと楽しんでもらいたい。
こんな出会いに感謝です。


空腹のここちよきまで秋澄みぬ (森 澄雄)


広島ブログ
  1. 2012/10/21(日) 06:42:15|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<土の下で | ホーム | 秋の陽ざし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/550-8ff1102a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)