せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カルカヤ

草地に生える「カヤ(茅、萱)」
イネ科の草で、主にススキやチガヤのことですが、
少し変わったカヤも生えています。

今日はカルカヤ(刈萱)の名前がついている
3種をご紹介。

メガルカヤ (イネ科 メガルカヤ属)

メガルカヤ

イネ科の草は地味ですが、
穂の形がどれも違っていて、おもしろみがあります。
種類を見分けるのは難しいんですけどね・・・


メガルカヤ

花が咲いて、おしべが見えるの分かります?

続いて
オガルカヤ (イネ科 オガルカヤ属)

オガルカヤ

メガルカヤ(女刈萱)に対して
オガルカヤ(男刈萱)


オガルカヤ

両種とも、
昔から手入れをされている田んぼの畦・げしに残っていますが、
少なくなったと言われています。
写真のはサポーターズクラブで移植した株の近く、
おそらくその種が芽生えた実生だと思われます。

最後にもう1種。

メリケンカルカヤ (イネ科 ウシクサ属)


メリケンカルカヤ

メリケン(=American)の名前の通り、
北アメリカからの帰化植物。いわゆる外来種です。
私が世羅に来た2007年に地元の方に聞いた話では、
「ここ2・3年の間に見かけるようになった」と言われていましたが、
今ではもうどこに行っても見かける雑草になってしまいました。

晩秋遅くまで穂を伸ばし、
法面の草をきれいに刈ってもまた伸びてくるので、
厄介な雑草になっています。
夢公園でも芝生広場に侵入したりして、
見た目があまりよろしくない。
この植物の侵入で、おそらく
田んぼの法面の風景は10年前と
変わってしまったところもあるのではないかと思います。

言葉に発しなくとも、
身の回りの自然の変化を感じてはいるのです。


刈萱

同じ“カヤ”でも、
それぞれ違った表情を見せてくれますね。


国引のむかし刈萱よきいろに (宇佐美魚目)



広島ブログ
  1. 2012/09/08(土) 12:44:40|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミヤマアカネか!? | ホーム | サワヒヨドリ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/508-c164de23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。