せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きのこ観察会

昨日は、きのこ観察会。
天候にも恵まれ、約50名の参加。

今年は夏の酷暑と乾燥で、きのこが生えてるか心配でしたが、
秋に入って雨も降り、前日までの雨も開催危ぶまれるものでしたが、
きのこにとっては恵みの雨。
少ないなりに、だいぶん生えており、
秋の風を感じながら、楽しい時間となりました。


きのこ観察会の様子

昨年の観察会ではほとんど見られなかったアミタケも、今年は豊作。

アミタケかご

カゴいっぱいに採ってる方もいました。
アカマツに寄生するきのこで、汁物等によいそうです。

また今年は、サクラシメジも確認。


サクラシメジ

「たにわたり」とも言うそうで、尾根すじに群生してました。
「あかなば」とも呼ばれ、三次の方では食用で販売されているそう。
普通は9月半ばに見られるそうで、
今年は半月~1ヶ月ほど、シーズンが遅れているみたいです。


この日、名前を確認してもらったきのこは、
アミタケ(食)、サクラシメジ(食)、ムラサキアブラシメジモドキ(食)、
ウスヒラタケ(食)、トキイロラッパダケ(食)、オオキツネタケ(食)、
セイタカイグチ(食)、ヌメリイグチ、ウラグロニガイグチ、
チャツムタケ、アイバシロハツ、キンチャフウセンタケ、ムラサキイッポンシメジ、
クサウラベニタケ(毒)、コタマゴテングタケ(毒)、サクラタケ(毒)、
ニガクリタケ(毒)
の17種。その他、
ホコリタケのなかま、テングタケのなかま
などを含め30種類くらい、きのこが観察できました。




膝まづくときの土の香きのこの香(青柳照葉)


広島ブログ



  1. 2010/10/11(月) 11:35:26|
  2. 観察会
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。