せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ヒガンバナ

季節の変わり目、不覚にも風邪をひいてました。すみません・・・。
みなさま、お身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。

さて、久々の更新は、
ヒガンバナです。

ヒガンバナ

今年は異常気象のためか、1週間ほど花の咲く時期が遅かったようです。
自然観察園でも、昨年に移植した株が、花を咲かせています。

標準和名:ヒガンバナ
分 類:ユリ科 ヒガンバナ属
生育場所:人家に近い田畑の縁や堤防、墓地など
     昔、中国から渡来したものが広がったと考えられている。
     秋の彼岸の頃(9月下旬)に開花するので、彼岸花と呼ばれる。
     マンジュシャゲ(曼球沙華)とも言われる。

世羅では、古くからあった田んぼのあぜ草を、
「畦の七草」として掲げ、注目しています。ヒガンバナもその1つ。
畦の七草が多く残っている場所は、圃場整備などの影響が少ないところ。
ヒガンバナが田の畦に咲く風景も、受け継いでいきたい地域の宝物です。


<畦の七草>
ノアザミ、ワレモコウ、ツリガネニンジン、ホタルブクロ、
カワラナデシコ、ヤブカンゾウ、ヒガンバナ



西国の畦曼球沙華曼球沙華(森 澄雄)


広島ブログ
  1. 2010/10/07(木) 11:56:58|
  2. 植物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。