せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ノカンゾウ

観察園では
ノカンゾウの花が咲いています。


ノカンゾウ

先日の視察先で見られたユウスゲと同じ仲間の植物。

この株は、世羅台地の湿地にあったものを移植しています。

やや乾燥した畦などにも生えるのですが、
草刈りなどの管理をしないと株が弱ってしまいます。
そうして生息地が減っていく中で、
最後に残るのが湿地の生息地のようです。
湿地は、里山の植物たちの“最後の砦”であるのかもしれません。

世羅の田んぼの畦でよく見かけるのは、
八重咲きの「ヤブカンゾウ」。
ノカンゾウは一重咲きです。
どちらも、若芽は春の山菜としても有名です。


標準和名:ノカンゾウ
分類:ユリ科 ワスレグサ属


萱草(かんぞう)が咲いてきれいな風が吹く(大峯あきら)



広島ブログ
  1. 2011/07/21(木) 07:55:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リョウブ | ホーム | 視察研修に行ってきました>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/224-f369c682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)