せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

草ひき中に出会う生きものがたり

サギソウなどが生える湿地エリアでは、湿地の植生を保つために、
イ草や外来雑草を選択的に抜いたり、管理をしています。
最近は、この暑さ。夕方に草抜きをすることが多いです。

この草抜き作業が、いろいろな生きものと出会うチャンス!

先日も、草を抜いていると、水路わきの茂みから、
“プキュ~ッ”
と、なんともいえない声が・・・。

行って見てみると、

トノサマとヤマカガシ

ヤマカガシの子どもがトノサマガエルにかみついていました。
ヘビにおそわれたカエルの声だったのね。
トノサマガエルはなんとか逃げようと、
ヤマカガシはこのご馳走を逃すまいと、双方とも必死。
どちらもがんばれ!な、生きものがたりでした。

ちなみに、ヤマカガシは毒を持っているので、要注意です。


ヘビを見た後、また草を抜いてたら、びっくり!

ベニスズメ?幼虫

一瞬、ヘビかと思った!
この芋虫、手持ちの本で絵合わせしたら、
「ベニスズメ」という、スズメガのなかまの幼虫のようです。

写真撮ってから、放して、
・・・!、またびっくりしてしまいました(笑)


広島ブログ
  1. 2010/09/10(金) 16:40:33|
  2. 生きものがたり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。