FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

オオタカに襲われた?ハイタカ

haitaka20180102kansatsuen.jpg
↑餅つきを終え自然観察園を巡回している際に見つけた鳥の羽

みなさま、新年あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、公園は1月2日から仕事始めですが、新年初日に開園日はおかげさまで恒例のたこあげ大会とお餅つきで賑わいました。

人影もまばらになった3時過ぎ、自然観察園を巡回していると、林縁の散策路に鳥の羽を見つけました。

この羽の持ち主は何者かに襲われたようです。

大きなものだけ羽を集めて管理センターへ持ち帰り、被害者は誰なのか調べてみました。

模様から猛禽類にあたりをつけて「野鳥の羽ハンドブック」(文一総合出版)を見てみると、ツミの羽に似ていますが、縞模様(横帯)の数が違うようです。

haitaka-obane-upper20180103kansatsuen.jpg
↑ハイタカのものと思われる尾羽(上面)。12枚全部そろっている。

haitaka-obane20180103kansatsuen.jpg
↑尾羽(下面)。上面よりやや色が薄い。

確信はないのですが、ネット上の情報から推察するに、被害者は「ハイタカ」ではないかとの結論に至りました。

では、加害者はいった誰なのでしょうか?

肉食の哺乳類、キツネ、イタチ、テンなどが容疑者として考えられますが、そうだとすると獲物を捕らえた際に地上に降りたところを狙われたことになります。

ですが、ハイタカが狙うのは主に小鳥です。獲物を捕らえたあと地上の降り立つことも稀でしょうし、そこを哺乳動物が待ち伏せして襲うなどという確率は限りなく0に近いでしょう。

以前、自然観察園で巣立ったブッポウソウの雛をオオタカが狙っていたことをこのブログで紹介しました。

「ひょっとすると犯人はオオタカではないか?」、そう考えて調べてみると、岩手県のレッドリストのページで次のような記述を見つけました。

「生存に対する脅威『営巣場所として好む若い人工林の減少、天敵であるオオタカの増か』」


実際に現場を見たわけではないので確証はありませんが、新年最初となるブログでは”オオタカに襲われた(かもしれない)ハイタカ”のことを紹介させていただきました。

緑に覆われた季節にはなかなか観察できなかった里山の小鳥たちも、冬枯れの木立の中では愛らしい姿を見せてくれます。

haitaka-hane20180103kansatsuen.jpg
↑回収できた風切羽と尾羽(下面) 

mochitsuki20190102kouen.jpg
↑餅つき

takoage20190102kouen.jpg
↑たこあげ

  1. 2019/01/03(木) 15:33:48|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アザミハウス運用開始(2019年1月17日) | ホーム | カヤネズミ(茅鼠)の調査>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1594-bbe2c094
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)