FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

このキノコ、何ですか?

kinoko4.jpg
↑きのこ観察会の参加者が公園に持参されたきのこ

きのこ観察会の翌日、参加者されたご夫婦がきのこを持って事務所を訪ねてこられました。

柄は固く締まり直径は約3cm、根元は膨らんでいます。

傘は濃い茶色で、見た目はとても美味しそうなきのこです。

kinoko1.jpg

なんでも、お知り合いから直売所で「サブロウタケ」と表示してあったキノコをお土産に頂いたものの、図鑑で調べてもサブロウタケという名前のキノコはないし、万一のことを考えてせら夢公園で聞いてみようということになったのだそうです。

ご夫婦といっしょに山と渓谷社の図鑑「日本のきのこ」で調べてみると、色といい形といい、ムレオオフウセンタケとよく似ています。

ですが、管理人は専門家ではありませんから、観察会で講師を務めていただいたきのこアドバイザーの衛藤慎也さんに聞いてみることにしました。

衛藤さんからは、石灰岩地帯の広葉樹林に生える「ムレオオフウセンタケ」であると教えていただきました。

私たちの見立てもまんざらではなかったようです。

お知り合いからはどこの直売所で購入されたか聞いていないとのことでしたが、石灰岩地帯に生えるということですから、帝釈峡のある神石高原町や庄原市東城町あたりで採れたきのこかもしれませんね。

さて、せら夢公園でのきのこイベントは終了しましたが、10月28日(日)、みよし風土記の丘で衛藤慎也さんを講師として「きのこ博士&きのこシェフになろう」が開催されます。

興味のある方は参加されてはどうでしょうか。

kinoko-event20181028miyoshi.png

  1. 2018/10/10(水) 14:11:31|
  2. きのこ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヤマガラの地鳴き | ホーム | キトンボの産卵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1586-fa2ce0ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)