FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ブッポウソウの巣立ちとオオタカ

 7月25日(水)と26日(木)は管理人の休日でした。
 そして、休んでいる間にブッポウソウのヒナは巣立ったようです。
 休み明けの金曜日、それまで、巣箱から体を乗り出して外の様子をうかがっていたヒナの姿も、赤松の枝でよく見かけた親鳥も見当たらなくなりました。
 そのかわり、同じ赤松の枝には、ブッポウソウよりも一回りも二回りも大きな鳥の姿がありました。
 背は青黒く、腹は白い色をしています。
 ゴイサギか?、とも思いましたが、少し近づいて双眼鏡を覗いてみると猛禽のようです。しばらくすると北の空へと飛んでいきました。
 これまでも公園ではいろいろな猛禽類の飛ぶ姿を観察しています。
 ハチクマ、ノスリ、ハイタカと思われる小型のタカ、今年の4月にはピーックイーというサシバの鳴き声を聞いています。
 事務所にもどり図鑑で調べてみると、赤松の枝にいた猛禽はオオタカのようです。
 オオタカが狙う獲物は主にハトやヒヨドリなどの中型の野鳥です。
 オオタカは赤松の枝でただ羽を休めていたのではなく、巣立ったばかりのブッポウソウのヒナを狙って自然観察園にやってきたのかもしれません。
 ブッポウソウのヒナは巣立って間もなくは親鳥から餌をもらうために巣箱の周辺のとどまっていると聞いていたので観察を楽しみにしていたのですが、金曜日も土曜日も一度もブッポウソウの姿を見ることはありませんでした。
 どうやらブッポウソウの親子は、オオタカから逃れるために自然観察園から立ち去ってしまったようです。
 巣立ったとはいえ、これから先、ヒナたちには様々な試練が待ち受けているのだとオオタカは教えてくれたのでした。

↓オオタカの写真はないので、日本自然保護協会のページから写真付きのチラシを拝借しました。(イベントは終了しています)

ootaka.jpg
 
 
  1. 2018/07/29(日) 11:42:15|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<去年より一週間早いサギソウの開花ペース | ホーム | コシアカツバメ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1564-236ec437
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)