FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ブッポウソウ

ブッポソウ
↑世羅町に子育てのために訪れるブッポウソウ(高田孝矢さん撮影)

自然観察園に設置した巣箱にブッポウソウの営巣を確認したのは6月9日でした。

その後も、巣箱に出入り姿を見かけていましたが、出入りの頻度が高くなりました。

自然観察園には防犯カメラが3台設置してありますが、そのうちの一つで巣箱の様子を撮影しています。

昨日(6月28日)の夕方5時から暗くなる20時近くまでの様子を再生してみると、3時間で14回ほど巣に入る様子が確認できました。

そろそろヒナが孵ったのかもしれません。

昨日は三原野鳥の会の下見さんが来園され、世羅町から三次市吉舎町にかけて設置してある巣箱の様子の状況を教えてくださいました。

下見さんによれば、今年の子育ては例年より10日ほど遅れているとのこと。

孵化すれば、親鳥はヒナに餌を与えるために頻繁に巣箱に出入りしますから、この時期(7月上旬~下旬)が観察に適しています。

ですが、ブッポウソウは警戒心が強い鳥です。人が巣の近くにいることを察知するとなかなか巣箱に近づいてくれません。

自然観察園のブッポウソウを観察される際には、以下の注意条項を守って下さい。

○ブッポウソウは警戒心が強い鳥です。観察や写真撮影目的で巣箱に近寄らないでください。(50m以内に入らない)

○撮影場所は公園職員の指示に従って下さい。ただし、長時間(20分以上)の観察や写真撮影は親鳥が警戒して巣に入らないようになり、ヒナに致命的なダメージを与える恐れがありますのでご遠慮下さい。


来年に向け、ブッポウソウを刺激せずに観察できるよう、この冬に観察用の壁(ハイド)を造ろうと思います。
  1. 2018/06/29(金) 17:23:05|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブッポウソウの巣立ち間近 | ホーム | 外来生物による農作物被害・生態系破壊にどう対処すべきか!?のご報告>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1560-433c6f4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)