FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

深入山森林セラピーに行ってきました

shinnyuzan20170827seminer6.jpg 
▲森林セラピーの〆はハンモックでの昼寝

8月の里山セミナーでは安芸太田町・深入山で行われている森林セラピーを体験しました。

参加者はサポーターズの総勢17名。

朝7時45分集合で安芸太田町・深入山グリーンシャワーを目指します。

10時前に到着。

shinnyuzan20170827seminer1.jpg
▲毎年春の草焼きで草原が保たれている深入山。

深入山の登山口のある深入山グリーンシャワーの標高は800mです。

高原の涼しい風と里山ガイドの皆さんが一行を迎えてくれました。

ここでサポーターズは3つのパーティーに分かれ、里山ガイドみなさんの案内によりセラピーが始まります。

まずは血圧と脈を測定します。

終了後にも測定してセラピーの効果を確認するためです。

その後、ストレッチもして、深入山の南登山口から森の中を深入山頂上へと抜ける登山道を登っていきます。

shinnyuzan20170827seminer2.jpg
▲登山口に掲げられている森林セラピーのサイン。なかなかのデザインです。

管理人のパーティーをリードしてくれるのは栗栖(くりす)さん。

里山ガイドになって間もないという栗栖さんのリードで気持ちのいい森の登山道をゆっくりと登っていきます。

shinnyuzan20170827seminer4.jpg
▲里山ガイドの栗栖さん(向かって右)

栗栖さんから深入山の草原や森の成り立ちの説明を聞いたり、登山道のまわりに自生しているクロモジの香りを楽しんだりしながら、登るというより、ゆっくりとゆっくりと歩いていきます。

こんなにゆっくりと登山道を歩くには初体験かもしれません。セラピーならではの登り方です。

コナラやミズナラ、アカマツの大木などが林立する森を1時間ほど歩くと、登山道は草原と森の境界線上に出ます。

目の前に広がる草原にはキキョウやオミナエシなどの秋の七草が花を咲かせていました。

ほどなくして昼食場所の西尾根休憩小屋に到着。

shinnyuzan20170827seminer8.jpg
▲休憩小屋で絶景もおかずにして「里山元気な山楽弁当」を堪能。ベンチの座面は外がよく見えるように高くなっている。

昼食は事前に予約しておいた森林セラピー特性「里山元気(まめ)な山楽(さんがく)弁当」(税込み864円)です。

里山元気な山楽弁当
▲「里山元気な山楽弁当」

五感を刺激する森林セラピーでは味覚も大切な要素ですからお弁当にも工夫がこらされています。

ご飯に使うお米は安芸太田産。おかずには必ず豆(まめ)を入れることになっているそうです。

お弁当箱のふたを開けると、大きなおにぎりが2個、野菜や肉魚のおかずがたっぷり入っていました。

shinnyuzan20170827seminer7.jpg
▲登りとは別の登山道を下る管理人のパーティー

山並みを眺めながらの食事を楽しんだ後は、3つのパーティーのうち2つは深入山山頂を目指し、管理人のパーティーは登りとは別の登山道を下り、林内でティータイムとハンモックでお昼寝を楽しみました。

ハンモックのお昼寝タイムは30分。

涼しい風に吹かれた30分はあっという間に経ってしまいます。

下山後に血圧と脈を測ってみると、血圧は上も下も20も下がっているではありませんか!

たまに行っているジムでも血圧を前後に測っているので、そこそこの運動をした後にお血圧が下がるのは知っていましたが、今日のようにゆったりと歩いたり昼寝をしたりすることで、こんなにも血圧が下がるとは驚きでした。

森林セラピーおそるべしです。

shinnyuzan20170827course_20170828162903aa0.jpg
▲深入山の森林セラピーロードマップ


  1. 2017/08/28(月) 16:36:12|
  2. せら夢公園サポーターズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ため池を干して外来種を駆除(ゆめ農業講座) | ホーム | きのこ観察会(10月9日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1514-decc720f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)