FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

キツネノカミソリ(狐の剃刀)

kitsunenokamisori20170819root184.jpg
▲国道184号線世羅町本郷の林縁で群生するキツネノカミソリ(狐の剃刀)

この時期、世羅町中心部にある国道184号線と国道482号線が交わる交差点から三次方面に北上するとほどなく、進行方向向かって左側の土手と右側の林縁に群生している朱色の花が目に入ります。

キツネカミソリの花です。

kitsunenokamisori20170819root184c.jpg
▲林縁に群生するキツネノカミソリ。花茎が伸びるより前にきれいに草刈りがしてあります。

ヒガンバナの仲間で、ヒガンバナよりも一足早くに鮮やかな朱色の花を咲かせます。

自然観察園にはありませんが、管理人が住む尾道市御調町でも国道184号線を町の中心部から尾道方面へすこし走った右側の林縁に見ることができます。

ヒガンバナと同じように花のある時期には葉はなく、早春から伸び始める葉は花が咲く前に枯れてしまいます。

名前の由来は、この葉をカミソリに見立てて名付けられたものですが、身近に咲く花であるにもかかわらず、この名を知る人は多くはありません。

kitsunenokamisori20170819root184b.jpg
▲一本の花茎につく花は3から5。ヒガンバナほどたくさんの花はつけない。

「早く咲くヒガンバナ」と思われているようです。

色は違いますが、同じ頃に咲く淡紅紫色のナツズイセン(夏水仙)も同じヒガンバナの仲間です。

キツネノカミソリはもともと日本に自生していたとされていますが、ナツズイセンはヒガンバナと同様に中国大陸からもちこまれたものといわれています。

これらヒガンバナの仲間は、いずれもよく手入れされた林縁や畔、川の堤防などに多く見ることができます。

これも、草刈り人の仕事といっていいでしょう。

標準和名:キツネノカミソリ
分類:ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
花期:8月から9月


  1. 2017/08/19(土) 16:51:39|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<きのこ観察会(10月9日) | ホーム | サポーターズクラブの里山セミナー・総会のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1512-7fca55a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)