せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

生きものも育てる米作り研修会in田打

hoshino20170810touchi.jpg
▲殺虫剤を使わない田んぼでの害虫調査。我らが星野研究員が網で虫をすくっています。

8月10日、ヒョウモンモドキの新たな生息地創出を目指す世羅町田打地区のビオトーチの田んぼで病害虫に関する研修会を開催しました。

参加者は地元の農業法人・さわやか田打の岡田組合長と重鎮の坂口さん、県農業技術センターの星野研究員、それと公園の管理人を加えたこじんまりとした研修会です。

とはいうものの、少人数ながらも中身の濃い研修をすることができました。

ビオトーチは設置されて10年ほど経ちますが、この間地元の方々のご努力によって、よい環境が整い、多様な生き物が生息しています。

ヒョウモンモドキの食草であるキセルアザミや、成虫が蜜源としているノアザミも随分と増えました。

農事組合法人さわやか田打では、こうした取り組みをさらに前進させるために、ビオトーチ内に殺虫剤を使用しない田んぼを設けています。

チョウなどの昆虫に影響のある殺虫剤を減らすことで、将来、ビオトーチをヒョウモンモドキの生息地にしようと考えているのです。

この取り組みに広島県農業技術センターとせら夢公園も協力していて、定期的に病害虫の発生を調べていて、この日は農業法人の方といっしょに調べることにしました。


調べ方はいたって簡単です。

広島県農業技術センターの星野研究員が殺虫剤を使用しない田んぼと、使用した田んぼの虫を網ですくいます。

hoshino20170810touchi2.jpg
▲うれしそう(?)に網でとらえた虫をみんなのもとへ運ぶ星野研究員

網に入った虫をプラスティックのバットに移し、害虫やそのほかの虫の様子を調べます。

gaichuu-chousa-bat20170810touchi.jpg
▲網の虫はバットへ移して観察。害虫はほとんどいません・・・
小さな点は稗(ひえ)の種

前日に殺虫剤とイモチ病などの予防剤を散布したという別の田んぼを調べてみると、害虫はほとんど見つかりません。

殺虫剤を1回も使用していない田んぼはどうかというと、こちらにも害虫はほとんどいません。

これまでの調査でもわかっていたのですが、今年はカメムシやウンカなどの害虫の発生が極端に少なくなっています。

調査した田んぼは9月の中頃に収穫するコシヒカリなので、仮にこれから稲を枯らす秋ウンカが増えたとしても、おそらく被害が出る前に収穫できるでしょう。

ということは、前日散布した殺虫剤の散布は無駄な費用を使ったということになります。

害虫がいなくて一安心できた研修会となったわけですが、前日行った20haの田んぼの農薬散布のことを考えると、苦笑いで締めくくる研修会ともなりました。

kenshuu20170810touchi.jpg
▲「殺虫剤はやらんでよかったんか・・・」と苦笑いの田打の方々

ちなみに、日本の農家の多くはスケジュールに従って農薬の散布をしていますが、大規模な稲作を行っているアメリカなどでは、農薬散布にかかる費用と予測される減収とを天秤にかけて農薬散布の可否を決めています。そのための調査会社があって、農家は有料となる調査をその会社に依頼しています。

ひと昔と比べ使用される農薬の成分数は減りましたが、使っている農薬はよく効き、しかも長く効く農薬が使われています。

赤トンボの減少が各地で報告されていますが、その原因の一つがこうした農薬の仕様によるものだといわれています。

自分の目で病害虫の発生を確かめ、そのうえで無駄な農薬を使わない農家が増えなければ生き物の減少に歯止めはかからないと、あらためて考えさせられた研修会ともなりました。








  1. 2017/08/13(日) 16:59:03|
  2. 農業
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サポーターズクラブの里山セミナー・総会のご案内 | ホーム | 今度の週末に見ごろを迎えるサギソウの観察会(8月11日~13日)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1510-bad140c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)