FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

セラネクイハムシ(世羅根喰葉虫)

 seranekuihamushi20170802.jpg
▲コウホネの葉を食べているセラネクイハムシ(世羅根喰葉虫)

ヒョウモンモドキの幼虫調査で訪れた先のため池でセラネクイハムシを見つけました。
名前についている”セラ”は世羅町の世羅です。

根喰葉虫の名の通り、セラネクイハムシは幼虫のときはコウホウネの根を、成虫になると葉を食べる昆虫です。

2001年、世羅町で採取された標本をもとに新種であることが確認され、”セラネクイハムシ”と命名されました。

seranekuihamushi20170802b.jpg
▲コウホネが水面全体に茂ったため池で見つけました。

コウホウネが自生するため池が少ないことから、現在生息が確認されているのは広島県と兵庫県だけのようです。

自然観察園のため池でも観察することができます。

以下、セラネクイハムシの特徴について、自然観察園でとらえたものを実体顕微鏡ファーブルを使って撮影した写真により紹介しておきます。
(ホシザキグリーン財団のWEB図鑑を参考にしました。http://www.green-f.or.jp/fieldnotes.html
※間違いがあればご指摘ください。

 seranekuihamushi20170805kansatsuen_20170805140716502.jpg
▲セラネクイハムシの触覚の3節は2節より明らかに長い。

 seranekuihamushi20170805kansatsuen2_2017080514071801b.jpg
▲腹部にコブがない。イネネクイハムシにはコブがある。

seranekuihamushi20170805kansatsuen3_20170805140720d49.jpg 
▲上翅の会合部間室は先端まで続く。

標準和名:セラネクイハムシ
分類:コウチュウ目 ハムシ科
体長:♂5.8-7.6 mm,♀6.6-8.4 mm
食草:オグラコウホネなどのコウホネ類
  1. 2017/08/05(土) 14:24:09|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サギソウ観察会 | ホーム | ゆめ農業講座(第3回)のお知らせ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1507-98a33e28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)