せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

今日もスノートレッキング

skier20170116kouen.jpg
▲せら夢公園に現れたスキーヤー

今日も雪です。

管理センター前の積雪は20cm。

というわけで、午前中は管理センター前に設置したストーブの薪の仕度をしました。

そのあとは、早昼(はやびる)を食べて園内を散策しました。

夢見山の頂上からは世羅西に鎮座する玄武岩ドーム、黒川明神がよく見えます。

kurogawamyoujin20170116kansatsuen.jpg
▲夢見山から望む黒川明神

雪の上には、いろんな獣の足跡が。

kemono20170116kansatsuen.png
▲なんの足跡でしょうか?歩幅約10cm

茂みの中でコゲラ(小啄木鳥)がお食事中でした。

他の鳥は警戒心が強いのか、なかなか写真を撮らせてくれませんが、

コゲラはすぐに飛び立ったりはしませんから、ビギナー向きです。

kogera20170116kouen.jpg
▲コゲラ

さらに進むと何やら別の獣の足跡。

写真を撮っていると、10mほど先でキツネ(狐)がこちらを見ていることに気が付きました。

キツネと目が合うのは、おそらく初めての経験です。

シャッターを切りましたが、間に合わず、キツネは茂みの中に消えていきました。

というわけで、撮影できたのは足跡。

kitsune20170116kouen.jpg
▲キツネの足跡

さらに歩いていくと、駐車場近くの歩道を歩いていると、スキーのシュプールを発見。

まだ新しいものです。

シュプールの先に目をやると、いました。

積雪と来園者がいないことから、12時には入口ゲートを占めたのですが、スキーヤーは歩いて侵入したようです。

shupuru20160116kouen.jpg
▲公園入口から夢見山へ向かって伸びるシュプール

シュプールはクロスカントリーのそれより幅が広いよう。

テレマークスキーか、バックカントリースキーでしょうか?

いずれにしても踵の上がるビンディングを装着した”歩けるスキー”です。

ちなみに、管理人が若い頃には”山スキー”といいました。

スキーは下手くそですが、学生の頃には、東北や日光の山でテントや雪洞に泊まりながらの山登りを楽しんでいました。

スキーヤーの姿は遠目にしか見えませんでしたが、楽しそうです。

冬の間、1か月でも根雪があれば、冬の公園の楽しみも増えるんですけどねぇ・・・
  1. 2017/01/16(月) 15:47:20|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<センサーカメラに写った生きものたち | ホーム | 待望の雪!スノートレッキングとバードウオッチングを堪能>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1468-915a19db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)