せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

求む!”草刈十字軍”


kusakari20161116kui.jpg
▲草刈り人としては珍しい若手イケメン、役場の職員です。

五日ぶりの更新です。

言い訳をすると、今週はヒョウモンモドキの生息地管理が続きました。

この時期の管理作業は当然草刈になります。

ヒョウモンモドキの生息地では、春と秋の年2回、キセルアザミとノアザミの生育を邪魔する雑草の草刈りを行います。

生息地のほとんどは湿地化した耕作放棄田です。

ヌマガヤやチゴザサ、ノイバラなどが生い茂った湿地の草刈りは大変な重労働です。

加えて、刈った草を湿地の外へ持ち出す作業は、草刈りにもまして大変です。

kusakari20161116kui2.jpg
▲雑草の肥やしになる刈り草はすべて湿地の外に持ち出す。これが大変

作業にあたるのは、農業の担い手と同様に60代が中心。

60前の管理人は若手になります。

保全活動の担い手の確保は最重要課題。

我こそはと思われる方、名乗りを上げてくれませんか!

そういえば、学生の頃、大学の掲示板に”草刈り十字軍”と名付けた山林の下草刈りのボランティア募集のポスターが張ってあるのを思い出しました。

求む!”草刈十字軍”、熱烈歓迎!

modoki-menber20161117kansatsuen.jpg
▲作業を終えて自然観察園で昼食。お天気も良くてピクニック気分?

【作業】
11月14日(月) 自然観察園貧栄養湿地3のヒヨセの泥上げ(1時間)
11月16日(水) ヒョウモンモドキ保全協議会生息地管理(2時間)
11月17日(木) ヒョウモンモドキ保護の会生息地管理(3時間)
  1. 2016/11/18(金) 17:37:20|
  2. ヒョウモンモドキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<WOOD JOB!! The eazy life in KUROBUCHI. | ホーム | 晩秋の自然観察ウォーキング>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1447-d9a0e4ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)