せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

カマキリ(蟷螂)


kamakiri20161030kansatsuen.jpg
▲トノサマバッタ(殿様飛蝗)を襲うカマキリ(蟷螂)

トンボ池の堤でなにやら動くものが目に入りました。

近づいて見ると、カマキリがトノサマバッタを捉えています。

大きさや形からするとオオカマキリ(大蟷螂)かチョウセンカマキリ(朝鮮蟷螂)のようです。

トノサマバッタは時々羽ばたいて逃げようとしますが、カマキリの鎌がしっかりとトノサマバッタをつかんでいて、逃れることは難しそう。

ちなみに、いずれも成虫で冬を越すことはなく彼らの命も残りわずか。

それでも命がある間は精一杯生きています。

kamakiri20161008yumekouen.jpg
▲キノコ観察会で見つけた産卵中のカマキリ

ちなみに、10月8日のキノコ観察会では道に生えた雑草に産卵しているカマキリを見つけました。

いつも見かける卵嚢は茶色ですが、産み付けられたばかりのものは白色なんですね。

初めて知りました。

【今日の作業】
今日は朝からメダカ池の堤の法面の草刈り。
夏から二度ほど刈ったが、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)が伸びてきたため刈りこむ。


  1. 2016/11/02(水) 16:51:12|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<池干し観察会の準備 | ホーム | 溝掘り>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1440-09b27a68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)