せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

自然観察園の稲刈り


inekari20161020kansatsuen.jpg
▲自然観察園の田んぼで育てたもち米のハゼ(ハデ)

昨日は世羅町小谷でカエル調査のお手伝いでしたが、今日は自然観察園の田んぼで”もち米”の稲刈りをしました。

稲刈りに備えて1か月前から水路から水を入れないようにしていましたが、田んぼは染み出す水でベチョベチョです。

当初の予定では、刈り取りと刈った稲を束ねるバインダーという農機具を使う予定でしたが、水浸しの田んぼでは人力でやるしかありません。

田んぼの状態は稲刈りというより田植えって感じです。
腰が悲鳴を上げますが、イモリやツチガエルのオタマジャクシ、オオコオイムシが慰めてくれます。
今ではめっきり見かけなくなったタイコウチもいましたよ。

結果、3時間ほどの稲刈りで三分の二ほど収穫する事が出来ました。
残りは明日の仕事になります。

このあと2週間ほど天日で干して、11月には足ふみ脱穀機を使って脱穀します。
12月には餅つきをやりましょう。

inekari20161020kansatsuen2.jpg
▲遅い田植えだったので収量は少なめですがモミはいい感じに膨らんでます。


youji-raien20161020kansatsuen.jpg
▲稲刈りの最中、小さなお客様が大勢通りかかり元気な挨拶をしてくれました。
来園する保育園の園児のほとんどは芝生広場で過ごしますが、今日のお客様は自然観察園で虫取りやドングリひろいを楽しんでいました。

  1. 2016/10/20(木) 17:09:20|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リンドウ(竜胆)の花を食べる?ツユムシ(露虫) | ホーム | ”せら里山楽校”のご案内>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1433-04c75f66
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)