せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

トンボの産卵その2 (ギンヤンマ 銀蜻蜒)


ginyanma-sanran20161002kansatsuen.jpg
▲産卵中のギンヤンマ(銀蜻蜒)のペア

アサザ(浅沙)が一面に広がった自然観察園の池でギンヤンマが産卵していました。

水にお腹を入れているのがメスです。

昨日紹介したノシメトンボやナツアカネと異なり、ギンヤンマは水辺の水草に産卵します。

卵は水草の茎などに産み付けられ、産卵から十数日経つと孵化します。

生まれたヤゴは水辺で越冬して翌年トンボになります。
  1. 2016/10/03(月) 17:21:18|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キトンボ(黄蜻蛉)という赤とんぼ | ホーム | トンボの産卵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1423-9558bca3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)