せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ニホンヒキガエル(日本蟇蛙)


hikigaeru20160923kansatsuen.jpg  
▲草刈り中にみつけたニホンヒキガエル(日本蟇蛙)

自然観察園の入り口近く、トンボ池へと続く道の法面の草刈りをしていると草むらの中にヒキガエル(蟇蛙)を見つけました。

実物を見たのはかれこれ10年数年ぶりと言ってもいいほどのご無沙汰でした。

普通の蛙と違ってピョンピョン跳ねないのですぐに捕まえることができました。

hikigaeru20160923kansatsuen2.jpg
▲手のひらサイズよりも小さい

サイズはわりと小柄で、掌にすっぽり収まる程度の大きさです。

ちなみに、ヒキガエルはブフォトキシンという毒を持っています。

身を守る為に鼓膜の後ろにある耳腺や背中のイボから白い毒液を出します。

毒の名は”ブフォトキシン”というそうです。

”ブフォトキシン”の”ブフォ”はヒキガエルの属名”Bufo属”、”トキシン”は毒を意味します。

滅多なことでは毒を出さないようですが、皮膚につくと炎症を起こし、口にすると神経系・循環器系に重大な障害を生じ、幻覚・嘔吐・下痢・心臓発作などが引き起こされ、最悪の場合は死に至るとされています。

いやいや、ヒキガエル恐るべしです。

幸い草刈り中だったの手袋をしていましたから、いろいろと触ってみましたが、毒は出しませんでした。

もし、素手で触るようなことがあれば、必ず手洗いをしたほうがよさそうです。

ちなみに、自然観察園では毎年2月から3月にかけてトンボ池でヒキガエルが産卵しています。

ヒキガエルの蛙合戦、今から楽しみにしています。


  1. 2016/09/25(日) 15:47:51|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<せら夢公園名物 ”霧噴水” | ホーム | タカの渡り観察会>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1416-6f791b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)