せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

タカの渡り観察会


takabashira20160924niiyama.jpg   
▲新山から見た世羅町市街地上空の鷹柱

7月5日に自然観察園でハチクマを観察して以来、この日を待っていました。

秋は多く夏鳥が南に向けて旅立つ季節、ハチクマもこの時期南(方角的には南西)に向けて渡りをします。

hachikuma20160924niiyama.jpg
▲ハチクマのシルエット

ご存知の方も多いと思いますが、世羅町新山は県内では知られたタカの渡り観察スポットで、たくさんのハチクマが観察できます。

すでに、今シーズンも、広島タカ渡り研究会による調査が始まっています。

ということで、秋晴れとなり絶好の観察日和の今日、新山へ行ってきました。

watari-tanchou20160924niiyama2.jpg
▲三原野鳥の会によるレクチャー

watari-kansatsu20160924niiyama.jpg
▲今は今かと待ち焦がれて空を見上げる観察会

偶然ですが、ブッポウソウ観察会で毎年お世話になっている三原野鳥の会の観察会が行われていて、いろいろ教えていただきました。

ハチクマは名前の通りハチを主に餌にしているタカで、漢字も「蜂熊」「蜂角」という字があてられています。”クマ”がつくのはクマタカ(熊鷹)に似ているからだそうです。

蜂の中でも地中に巣をつくるクロスズメバチが大好物で、大きな足で地面を掘り返し幼虫やさなぎを食べるそうです。

ちなみにクロスズメバチは信州や美濃あたりでは”ヘボ”と呼ばれていて、スーパーの食料品コーナーにも並ぶほど珍重されています。

日本には初夏、繁殖のために東南アジアから渡ってきて、9月中旬ごろから10月上旬にかけて再び旅立っていきます。

新山で観察したハチクマたちは長崎県五島列島を経て、その後、東シナ海上空600kmを一飛びして中国大陸まで渡っていくそうです。

なんといっても観察の目玉は鷹柱です。

鷹柱とは、渡りをする数十、場合によっては数百ものタカが上昇気流を利用して輪を描きながら次々と高度をあげていく様子のことをいいます。

幸運にも新山のすぐそばでも鷹柱を見ることができました。

新山から直線で約8km先に見えるせら夢公園の上空と思われる場所でも観察できました。

9時頃から11時頃までに観察したハチクマは100羽を超え、少ないながらサシバの渡りも観察できました。

今度、公園の夢見山から観察してみようと思います。

分類:タカ科 ハチクマ属
標準和名:ハチクマ(蜂熊)
  1. 2016/09/24(土) 12:55:33|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニホンヒキガエル(日本蟇蛙) | ホーム | クモ(蜘蛛)の子を散らしたような自然観察>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1415-b7f5fe63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)