せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ヌルデミミフシ(白膠木耳五倍子、塗る手耳五倍子)


nurudemimihushi20160909suzu.jpg
▲ヌルデ(白膠木)の虫こぶ”ヌルデミミフシ”

先日行った御調町でのチョウの調査の際、ヌルデの木に大きな虫こぶ(五倍子)を見つけた。

先月から調査に加わっている橋本さんからインクの原料になる五倍子だと教えてもらった。

橋本さんは元森林組合の職員で、樹木や植物に詳しい。

さっそく写真を撮り、事務所に帰って調べてみた。

虫こぶの名前は”ヌルデミミフシ”、ヌルデシロアブラムシの仕事である。

虫こぶ中空になっていて、この中にヌルデシロアブラムシがたくさん詰まっている。

これまで紹介したコナラやヤマザクラにできる虫こぶと違い、タンニンが多く含まれていることからインクの原料、皮なめし、染料や漢方薬として利用される有難い虫こぶだ。

その昔、既婚女性の目印とされていたお歯黒の原料もこの五倍子。

今でも漢方薬や染料として乾燥された五倍子が中国から輸入されている。

  1. 2016/09/12(月) 15:24:45|
  2. 虫こぶ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<トノサマバッタ(殿様飛蝗) | ホーム | 肉食系のチョウ”ゴイシシジミ(碁石小灰蝶)”>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1407-7fbba4c4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)