せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

田んぼの生き物観察会


tanomushikansatu20160823otani2.jpg
▲ビオターニで田の虫を探す少年

8月23日(火)、世羅町小谷で田んぼの生き物観察会が開催され、管理人も参加させていただきました。
主催は、ダルマガエルやギフチョウの保全に取り組んでいる伊尾小谷たえクラブです。

あいにく、他の行事とかさなったためか、参加者は少なめでスタート。

とはいっても、あれよあれよと言う間に、いろんなものが集まりました。

tanomushikansatu20160823otani.jpg
▲大人の方が多かった観察会でした。

ミズカマキリ(水蟷螂)、オオコオイムシ(大子負虫)、マツモムシ(松藻虫)、ガムシ(牙虫)、ヒメガムシ(姫牙虫)、クロゲンゴロウ(黒源五郎)、コシマゲンゴロウ(小縞源五郎)、ヒメゲンゴロウ(姫源五郎)、ゲンゴロウの仲間の幼虫、ヤンマのヤゴ、イモリ(井守)の幼体、ダルマガエル(達磨蛙)の成体とオタマジャクシ、ツチガエル(土蛙)の成体とオタマジャクシ、アマガエル(雨蛙)の成体とオタマジャクシ、トノサマガエル(殿様蛙)、ヒル(蛭)、イナゴ(蝗)など、いろんな生き物がたくさんとれました。

akane20160823otani.jpg
▲稲穂が出始めた田んぼでみつけたナツアカネ(夏茜)とおぼしきカップル(ピントが合ってなくてすみません。稲穂には合ってますね)

ナツアカネとおぼしき赤トンボのカップルが、穂を出し始めた稲の上で産卵をしているような様子も観察出来ました。

アキアカネは暑い夏の間は山へ避暑に行ってしまい、今の時期は見かけることはありません。

一方、避暑に行かないナツアカネは、夏でも林縁や池の周辺などの人里で過ごします。名前も、夏にも見ることができる赤トンボということに由来するともいわれています。

そうはいっても、管理人の印象では、産卵はもう少し稲が色づいた頃なので、少々驚きました。

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、朝晩は随分と涼しくなりました。

田んぼの稲も好天が続いたせいか熟れていくのが幾分早い気もします。

世羅町では早くも稲刈りも始まりました。

ナツアカネの産卵が早い気がするのも、そんな季節の進み具合が影響しているのでしょうか?



  1. 2016/08/25(木) 15:22:29|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミズオオバコ(水大葉子) | ホーム | キセルアザミ(煙管薊)が生えた農業用水路>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1402-b689a2a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)