せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

カワセミ(翡翠、川蝉)


kawasemi20160816medakike5.jpg
▲トンボ池に設置されたウッドデッキの手すりで魚を狙う雄のカワセミ(翡翠、川蝉)

今日は久しぶりの曇りの天気。

昨日の夕立のおかげもあって、久しぶりに涼しいと感じる朝でした。

kusakari20160816tonboike.jpg
▲自走式草刈機でセイタカアワダチソウ(背高泡立草)を刈る。

というわけで、午前中は自然観察園の一番下にあるトンボ池周辺の草刈りに精を出しました。

ここは春以降、一度も手をつけていなかった場所で、オオキンケイギク(大金鶏菊)やセイタカアワダチソウ(背高泡立草)がはびこっています。

オオキンケイギクは花が散って既に種が落ちているので草刈りのタイミングをはずしてしまいましたが、セイタカアワダチソウはこれから花をつけるので、その前には全て刈り払っておこうと思っています。

そんな草刈りの合間、休憩しているとトンボ池にカワセミ(川蝉)を見つけました。

エサを探しているようです。

kawasemi20160816medakike.jpg
▲魚をくわえたカワセミ

何回かのダイビングの後、ようやく獲物を捕えました。

そおっと近づいて写真を撮ってみると、どうやらオスのようです。

見分け方は簡単で、嘴が赤いのがメス、黒っぽいのがオスです。

何枚か写真を撮らせてくれたあと、池の下の谷に消えて行きました。

ちなみに、カワセミは林縁などにできた土の壁に穴を掘って巣をつくります。
今の時期、子育ては終わっていますが、園内に巣があるか探してみようと思います。

標準和名:カワセミ(川蝉、翡翠)
分類:ブッポウソウ目 カワセミ科

shuregeruaogaeru20160816medakaike.jpg
▲おまけはシュレーゲルアオガエル。カワセミを狙っていると目の前のススキにおりました。

  1. 2016/08/16(火) 13:58:05|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<草刈りとカヤネズミの巣 | ホーム | 害虫を寄せ付けない光の技術>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1397-ef01e59d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)