せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

メリケンカルカヤ(米利堅刈萱)

merukenkarugaya20160731kansatsuen2.jpg
▲ススキ(芒)やハギ(萩)を残し、要注意外来生物のメリケンカルカヤ(米利堅刈萱)だけを刈った湿地の畦畔(けいはん)

自然観察園の植物は、世羅台地に自生する在来種を植栽していますが、様々な外来種が侵入しています。
これらがはびこると、在来種の生育を妨げることとなり、自然観察園としては非常に残念なことになります。

というわけで、目下、外来種にターゲットを絞った草刈りに励んでいます。

そんな中、今日ご紹介する駆除のターゲットはメリケンカルガヤ(米利堅刈萱)です。

merukenkarugaya20160731kansatsuen.jpg
▲メルケンカルカヤ

その名のとおり、北米原産のイネ科の植物で、1940年頃、愛知県に侵入したと言われています。

自然観察園では湿地の畦の法面など、広い範囲でははびこっていて、セイタカアワダチソウ(背高泡立草)と一二を争う駆除しなければならない外来植物です。

駆除の方法は、できれば一株ずつ抜きたいところですが、株が大きくなっていますから、たちまちは刈るしかありません。

完璧な駆除はできないかもしれませんが、やらなければならない大事な仕事です。

明日も、午前中はメリケンカルカヤの草刈りに精を出します。

  1. 2016/07/31(日) 17:17:33|
  2. 植物(外来種)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<サワギキョウ(沢桔梗) | ホーム | マムシ(蝮)が出た!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1390-58997a47
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。