せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

坂の上の亀


kusagame-tamago20160715kansatsuen1.jpg
▲公園の最高地点で見つけた亀の卵の殻(写真右側)と穴(写真中央)

せら夢公園名物のスベリ台の奥にある里山の散策道を歩いていると、公園の最高地点付近で穴ぼこと卵の殻を見つけました。

一瞬目を疑いましたが、亀の卵のようです。

殻の近くには直径十数センチの穴が掘られていて、卵の殻は穴から少し離れたところに転がっていました。
どうやら、子亀が孵化する前に、タヌキなどの外敵に卵は掘り返されて食べられてしまったようです。

それにしても、なんでまたこんなに遠い場所まで亀はやってきたのでしょうか?
亀を普段見かける一番近い水辺は自然観察園のトンボ池です。
卵の殻が見つかったのは、そこから直線距離にして約200m、標高差30mの山の頂上です。

kusagame20160715kansatsuen-no-yama.jpg
▲林床で見つけたクサガメ(臭亀)

などと思いながら先を進むと、散策道から少し離れた林床で亀を見つけました。
クサガメ(臭亀)です。
あの卵を産んだ亀かもしれません。
亀の進む先には、自然観察園とトンボ池があります。

ちなみに、クサガメは6月から7月にかけて産卵します。
公園内では池のほとりや湿地のほとりだと思っていましたが、山頂まで産卵場所として利用しているとは驚きでした。

ところで、今回山の上で見つけたような穴と卵の殻を公園内で見かけることがあります。
外敵に食べられた跡です。
せっかく産み落とされた卵ですが、全てが孵化するわけではないんですね。

以上、”坂の上の亀”のお話でした。






  1. 2016/07/19(火) 14:55:26|
  2. 爬虫類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<チチタケ(乳茸)? | ホーム | ミヤマクワガタ(深山鍬形)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1385-1cb50150
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。