せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

オオムラサキ(大紫)

oomurasaki20160704suzu.jpg
▲尾道市御調町のモニタリング1000のサイトで見つけたオオムラサキ(大紫)

今日は朝からモニ1000のサイトでチョウの調査(3回目)を行いました。
メンバーは管理人が代表を務めている世羅・御調の自然史研究会。
昨年、自然観察園で開催した自然ガイド養成講座を修了した柳谷さん夫妻(尾道市御調町)、
元生物教師の中島さん(世羅町)、
それと管理人こと延安(尾道市御調町)の4名で行いました。

moni1000-chou20160704suzu.jpg
▲調査ルートを歩いて、5m以内で見つけた蝶をカウントする調査です。わかりにくいものはネットで捕えて同定します。

この日一番の成果は、調査ルート沿いにあるエノキ(榎)で見つけたオオムラサキ(大紫)です。

実は、1週間ほど前に、サイトを設けている集落にお住まいのKさんから、
「オオムラサキを捕まえたから見に来ないか?」
との連絡を受けていて、実物もいただいていたのでした。
オオムラサキは、これまでの調査では見つかっていませんでしたが、メンバーの期待は膨らみます。
(追記 実は、あとで以前にも確認していることがわかりました)

調査を続けていると、フジ(藤)にからまれたエノキ(榎)の大木を見つけました。
エノキはオオムラサキの幼虫の食草です。
「ひょっとしたらいるかも?」などと、オオムラサキを話題にしていたら、大きな蝶の影が目にとまりました。

なんと、その蝶はオオムラサキでした。
さっそく写真を撮りましたが、思うように羽を広げてくれません。
しばらくすると、飛んで行ってしまいました。

というわけで、オオムラサキの綺麗な姿は、Kさんから頂いたものをアップしておきます。

なお、世羅・御調の自然史研究会では調査に参加してくださる方を募集しています。
詳しくなくても大丈夫。
ともに学ぶ活動をモットーにしています。
連絡は、自然観察園の管理人までお願いします。

Email yumeアットマーク(@で入力してください)mail.mcat.ne.jp

oomurasaki-omote20160630suzu.jpg
▲Kさんから頂いたオオムラサキ(表側)

oomurasaki-ura20160630suzu.jpg
▲同オオムラサキ(裏側)




  1. 2016/07/04(月) 17:54:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<エヒメアヤメ(愛媛菖蒲)のための草刈り | ホーム | キイトトンボ(黄糸蜻蛉)の産卵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1374-ffebfb30
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)