せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ブッポウソウ(仏法僧)観察会の下見

buppousou20160628tokuichi2.jpg
▲巣箱の近くの電線にとまったブッポウソウ(仏法僧)

7月3日(日)のブッポウソウ観察会の下見をしたら、運よく2ヶ所でブッポウソウに遭遇。
一羽は巣箱近くの電線に止まっていて、写真を撮らせてもらいました。

もう一羽は、巣箱に入るところ発見。その後、電線にとまり、しばらくして山のほうへ飛んで行きました。

巣箱は、三原野鳥の会の皆さんが設置されたもので、いずれも道路人目につく場所にあります。
道路脇、田んぼや人家のすぐそばなど。

この時期は子育て真っ最中。
営巣している巣箱の前で30分ほど粘れば、雛にエサを運ぶ親鳥を観察することができます。

下見の道中、以前このブログで触れた灰屋(ハンヤ)を発見。
灰屋としては使用されていないようでしたが、草を焼いても小屋が焼けないように、石と土でつくられた分厚い壁は灰屋ならではのものです。

hanya20160628miyoshi-tokuichi.jpg
▲灰屋(ハンヤ)。化学肥料は普及する前、ここで草を焼き、できた灰を肥料にしていた。

ともあれ、7月3日が良い天気なればいいんですけどね。
  1. 2016/06/28(火) 17:41:19|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ナツツバキ(夏椿) | ホーム | カヤネズミ(萱鼠)の巣>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1368-c3862460
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)