せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

シオヤトンボ

天気予報が外れて今日は晴れ。
風が強い一日でしたが、今日は連日の草刈りで貯まった刈り草をかき集め、自然観察園の外へ持ち出しました。
持ち出した刈り草は公園のバックヤードに積んでおくと良質の堆肥ができあがります。
 
さて、今日の生き物はトンボです。
 
shioyatonbo20160417♂
▲シオヤトンボのオス

4月に入ると自然観察園で一番目につくトンボがこれ、シオヤトンボです。
湿地や水田で見られるトンボで、シオカラトンボに少し似ています。
体はシオカラトンボより少し小さめです。
白っぽいのがオス、黄色と黒のツートンカラーがメスです。
 
shioyatonbo20160417♀
▲シオヤトンボのメス

漢字で書くと”塩屋蜻蛉”。
成熟するとオスの体色が白くなることからこの名がついたそうです。
ちなみに、よく似たシオカラトンボは”塩辛蜻蛉”と書くようです。
管理人が大好きな酒の肴・塩辛とは関係なくて、シオカラトンボも成熟すると白く粉をふいたような体色なる事からこの名がついたようです。
管理人はいわゆる虫屋ではありませんが、
名前を覚えるには漢字で表す方がイメージし易くて覚えやすいような気がしてます。
 


  1. 2016/04/17(日) 17:26:14|
  2. トンボ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ニホンカナヘビ(日本愛蛇) | ホーム | サイエンスカフェみつぎvol.16「コケってどんな植物?~こけにできないコケの話~」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1318-dc58754a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)