せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カヤネズミ

カヤネズミ  
 
▲自然観察園のカヤネズミ
 
しばらく管理人不在でしたので、管理人のもっぱらの仕事は自然観察園の草刈りです。
草刈りをすれば、よく出くわすのはカヤネズミです。
メルケンカルカヤとすススキが繁った斜面を刈っていると出てきました。
大人の親指ほどの小さなネズミです。
 
カヤネズミの巣
 
▲自然観察園でみつけたカヤネズミの巣
 
巣も見つかりました。
管理人の田んぼにも住みついていて、去年の春には、まだ子育て中の子ネズミがいる巣にも遭遇しました。

 
カヤネズミの子ども
 
▲管理人の田んぼで去年みつけた子どものカヤネズミ
 
うちの田んぼでは毎年稲刈りが終わると緑肥にするレンゲの種を播いていますから、春、田んぼはレンゲのお花畑にかわります。
カヤネズミは春と秋の年2回子育てをしますが、春のレンゲ畑は子育ての場所にもなっているんですね。

 
カヤネズミの巣(レンゲの田んぼ)
 
▲レンゲ畑のカヤネズミの巣。材料は田んぼに生えているレンゲとスズメノテッポウ。


  1. 2016/04/14(木) 09:30:44|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ヒキガエルのオタマジャクシ | ホーム | 新しい管理人が着任しました>>

コメント

田んぼの巣

初めまして。田んぼでのカヤネズミの暮らしに興味を持ち、自宅近くの農地(兵庫県)で観察を続けている者です。

私の観察地では、田んぼまわりのカヤネズミは水路と田んぼのつながりをうまく利用しながら、通年で繁殖していました(冬は水路沿いの雑草地で仔を確認しました)。

管理人さんが昨年見つけられた巣は何月ごろのものでしたでしょうか? また、巣材は何だったでしょうか? よろしければ教えていただけるととても嬉しいです。
(私の観察地ですと、この時期にはネズミムギやカラスノエンドウが利用されていました)。
  1. 2016/04/14(木) 12:29:17 |
  2. URL |
  3. bluetittit #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

カヤネズミんについて

コメントありがとうございます。
さて、昨年田んぼで巣を見つけたのは5月18日でした。
私の田んぼの田植えは5月末か6月の始めで、例年であれば5月の連休中にレンゲをすき込みますが、去年は諸事情で遅くなってしまいました。
結果、それがカヤネズミにとっては良かったようです。
写真の巣はトラクターで耕している時に偶然見つけたモノです。
奇跡的にトラクターの爪に触れずに子ネズミは助かりました。
そのあとは耕すのをやめ、巣はそばのレンゲの茂みに隠してやりました。
翌日のぞいてみると子ネズミの姿はありませんでした。
親ネズミといっしょに引っ越してくれたのならいいのですが、カラスがいつも狙ってますからどうなったかは定かではありません。

巣の材料ですが、この時期、私の田んぼに生えているのはスズメノテッポウとレンゲです。
巣は細長い葉っぱとレンゲの葉っぱで出来ていました。
詳しく調べたわけではありませんが、細い葉っぱは、おそらくスズメノテッポウだと思います。

そちらの田んぼでは通年繁殖しているとのことですが、こちらでも夏から秋にかけても田んぼや周辺で繁殖しているようです。
今ではコンバインで収穫するので田んぼの巣を見る機会は少なくなりましたが、毎年10月10日前後に行う稲刈りの際には、かならずカヤネズミが姿を現します。
おそらく、田んぼで繁殖しているのだと思います。

私の田んぼ以外では、その多くが秋から田植えの時期まで田んぼには何も生えていません。また、我が家と違って、コシヒカリなど、田植えを5月の連休に行い、9月の初めには収穫する田んぼも一定程度あります。
調べたわけではありませんが、こうした田んぼでは、カヤネズミの繁殖も難しいのではと考えています。

今後ともよろしくお願いします。
  1. 2016/04/15(金) 09:47:16 |
  2. URL |
  3. 管理人 #JaFhmbU6
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

詳しく教えていただき、ありがとうございました。

春先にヘアリーベッチやレンゲなどを育てている田んぼだと、カヤネズミたちは暮らしやすいのかもしれませんね。加えて、二毛作も少なくなったので、田んぼの利用率は減ってきているのかも??しれません。

私の観察地では春先の緑肥育成も二毛作もないので、田んぼの地表部が露出する時期にはツタなどのツル植物を伝って水路ぞいに移動しているようです。餌としても営巣植物としても、いろいろな草種を利用できるようではあるのですが、体サイズから考えて生息地の分断が深刻な問題になるのでは?という予想を持っています。

こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
  1. 2016/04/15(金) 16:15:40 |
  2. URL |
  3. bluetittit #0MXaS1o.
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1315-7299d862
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。