せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

川の生きもの観察

先日はおとなり御調町で、子どもたちと
御調川の生きもの観察を行いました。
前回の田んぼと水路の生きもの観察の続き。
御調町の水辺の生きもの観察です。

川岸のヨシ類が茂るあたりでは、
ハグロトンボやコオニヤンマのヤゴが見つかりました。


ハグロトンボ


浅く、流れの速いところで石をはぐってみると、
石をつないだ巣をつくる
ヒゲナガカワトビケラの幼虫がたくさん見つかりました。


ヒゲナガカワトビケラ


貝類では、
外来種のタイワンシジミや
カワニナも見つかりました。


カワニナ


シマドジョウも見つかりました。

シマドジョウ

その他、
ヨシノボリ類、ヒラタドロムシの幼虫、プラナリア、
などが見つかりました。

シマドジョウやハグロトンボのヤゴなど、
田んぼと水路でも共通して見つかった生きものもあり、
水の流れを介した生きものの移動について
実感してもらえたかなと思っています。


身近な自然、実際に探してみると
思ったより多くの生きものたちに出会えるのではないでしょうか。

今、地域に残っている自然・生きものたちを大切にしていくことです。




広島ブログ
  1. 2015/07/22(水) 18:36:56|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自然観察園ウオーキング | ホーム | 親子自然観察会 田打編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1310-7fb441b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)