せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

アカガエル類産卵状況2015

今シーズンのアカガエル類の産卵状況をまとめてみました。
(2009-2014年のまとめはこちら

産卵を最初に確認できたは2015年1月30日でした。


2015アカガエル

上の図は、ニホンアカガエルとヤマアカガエル合わせての
今シーズンの産卵塊数の推移(積上げ)です。
横軸は調査日、縦軸は卵塊数です。

今シーズンは計142卵塊を自然観察園で確認できました。
映眺池については入っていません。
2月23日の調査時に最も多くの新卵塊を確認できました。



卵塊数推移

次の図は、2009年から2015年のシーズン卵塊総数の推移。
横軸が調査年、縦軸が卵塊総数です。

今シーズンは、これまでで最少だった昨年よりも
2割少ない産卵数でした。

アカガエル類の卵塊数が減った原因について、よく分かりませんが、
いろいろと考えてみたりしましたが、1つには、
イノシシによる越冬成体の捕食があるのではないかなと思っています。


湿地法面

センサーカメラにもよく写っているイノシシ。
今年は特に、湿地の周辺の土を掘り返している跡が目につきました。


来シーズンはどうなるのか?
今後もモニタリングを継続していきたいと思います。




広島ブログ
  1. 2015/04/21(火) 18:11:17|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベニシジミ | ホーム | ノビタキ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1251-159c5766
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)