せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ミズワラビ

先日の「サイエンスカフェみつぎ10」で
フネドブガイを観察した水路と田んぼ


水路


田んぼには
ミズワラビが生えていました。


ミズワラビ

水中や湿地に生えるシダ植物。

ミズワラビ

広島県のRDBでは準絶滅危惧に指定されています。

同じく準絶滅危惧種の
ミズオオバコも水路にありました。


ミズオオバコ

地元の農家さんの話では、ミズワラビとミズオオバコは
最近増えてきたそうです。
除草剤の種類、有効成分が以前のと違ってきているのかもしれません。

水路には、
エビモもありました。


エビモ


エビモからのぞく
ミズオオバコの花


エビモ


水路の先の水たまり
“ます”


ます

フネドブガイがたくさん見られました。

冬季にも水がたまっている“ます”は
水生生物にとって重要な生息地です。

水路でも、土のうを積むなどして
一定の水位を確保してあげると、
冬越しできます。


水路

ちょっとの工夫で、
生きものにも暮らしやすい田んぼや水路になりますね。




広島ブログ
  1. 2014/11/12(水) 12:36:38|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<世羅町の天然記念物 | ホーム | 水路の生きもの>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1133-4e1d01da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)