せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

水路の生きもの

先日の 『サイエンスカフェみつぎ10』 では、
御調川沿いの水路の生きもの観察も行いました。


観察会

網を入れると、まずは
アメリカザリガニ


アメリカザリガニ


ブルーギル

ブルーギル


タイワンシジミ

タイワンシジミ

と、外来種が次々と見つかりました。
改めて外来種の多さを認識。

在来種もいました。
フネドブガイと同じく
イシガイ科の淡水二枚貝
マツカサガイ の貝殻


マツカサガイ


ヒメタニシ

ヒメタニシ

ちなみに、この類似種のオオタニシ、マルタニシの
目撃情報を広島県では募集しています。


一生を淡水域でくらす
ミナミヌマエビ


ミナミヌマエビ


水生昆虫のなかま、
キイロカワカゲロウ


キイロカワカゲロウ


モンカゲロウ

モンカゲロウ


シロタニガワカゲロウ

シロタニガワカゲロウ


キベリマメゲンゴロウも見つかりました。

キベリマメゲンゴロウ


魚では、
タモロコも見つかりました。


タモロコ

この他、
カワヨシノボリ、ドジョウ、シマドジョウ、ドンコといった魚類や、
カワニナ、ツチガエルのオタマジャクシ、ガガンボ類の幼虫、
シオカラトンボのヤゴ、ハグロトンボのヤゴ、ヒル類
など計21種類の生きものが観察できました。

冬季でも、水路に水が残っていれば、
いろいろな生きものに出会えるということに、
新鮮な驚きをもって頂けた方もいて、良かったです。




広島ブログ
  1. 2014/11/11(火) 18:51:04|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ミズワラビ | ホーム | フネドブガイ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1132-35d37c2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)