せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ため池

自然観察園のため池の1つ

ため池

当初はなかったのですが、このため池にも
ミクリ類(おそらくヤマトミクリ)が見られるようになりました。


ヤマトミクリ

上流のトンボ池にも見られるようになっていたので、
種子が流れてきたりしていたのかもしれません。

ミクリ科 ミクリ属 の水草。
実が栗のイガのように見えることから名前がついています。
全国的なため池環境の悪化等の原因で、絶滅危惧種に。


ヤマトミクリ

その他の水草。
こちらは、カンガレイ


カンガレイ

地味ですが、花を咲かそうとしています。

カンガレイ

小さな赤い花は
ジュンサイ


ジュンサイ

水中の若芽を食用にします。
山菜というにはピンときませんが、立派な里山の恵みの1つです。
世羅台地でも収穫されている方がおられるようですね。


ヒメコウホネ

こちらの黄色い花は
ヒメコウホネ

花粉を求めてか、小さな虫がたくさん集まっています。


コウホネ類

他にも、イトトンボ類の抜け殻がたくさんくっついていて、
コウホネ類の花も、水生昆虫たちには立派な足場の1つになっているようです。
羽化したばかりのキイトトンボも止まっていますね。
花は花としてだけでなく、自然の中では
いろいろな役割を果たしているのだなと感じます。

ため池の水草は、トンボをはじめとした多くの生きものたちを支える存在。
在来種の水草が豊かなため池は、
未来に残したい里山の自然の1つです。



広島ブログ
  1. 2014/07/09(水) 17:59:54|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ヨモギとアリとアブラムシと | ホーム | コバノトンボソウ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://0847254400.blog134.fc2.com/tb.php/1027-1f6ba34b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)