FC2ブログ

せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ボランティアがやってきた!

modoki-sagyou2018kansatsuen2.jpg
↑ヒョウモンモドキの保全活動の終了後には記録として必ず参加者全員の勢揃い写真を撮影します。前列中央のヒゲジイこと井藤会長の両端がボランティアの女性お二人。

ヒョウモンモドキの保全活動を担っているのはヒョウモンモドキ保護の会をはじめとするボランティアの皆さんです。

生息地の草刈り、幼虫の飼育、食草の育成、ニュースレターの発行など、一年を通じて様々な活動がボランティアによって行われています。

ですが、農業の現場と同じで、保全活動の担い手も高齢化が進んでいて、次世代の確保が大きな課題となっています。

というわけで、いきなり保護活動ということではなくて、気軽に作業を体験してもらう、つまりインターンみたいな形でボランティアを受け入れることをこの秋試みてみました。

volunteers20181121chuugoku-np.jpg
↑ボランティア募集を呼び掛ける中国新聞の記事

ホームページやフェイスブックで発信するとともに、中国新聞にもボランティア募集の記事を掲載してい頂きました。

結果はというと、昨日(11月28日)のことですが、東広島市西条からお二人の素敵な女性に作業をお手伝いしていただくことができました。

modoki-sagyou2018kansatsuen3.jpg
↑飼育ハウスの遮光ネットをはずす

modoki-sagyou2018kansatsuen.jpg
↑ 防虫ネットは大きいので作業にあたる人数が多いほど畳む作業がスムーズ。

作業内容は、降雪による飼育ハウスの倒壊を防ぐために遮光ネットと防虫ネットを取り外すというものです。

ヒョウモンモドキ保護の会のお二人と管理人、それとボランティアの女性をあわせた5名で、無事に雨が降り出すまでの午前中に作業を終えることが出来ました。

「楽しかった!」というのがボランティアのお二人の感想でした。

引き続きボランティアを募集していますので、これならできる、と思うものがあれば是非とも公園管理センターまでお問い合わせください。

【屋外での作業】
ノアザミが自生する畦畔、キセルアザミの自生する湿地の草刈り(随時)少しハード
・キセルアザミ、ノアザミの苗の移植・定植(2月下旬~3月下旬)軽作業
吸虫管を使って冬眠から目覚めた幼虫を採取する(3月中旬以降)軽作業
【農業用ビニールハウス内の作業】
・タムラソウの播種・育苗(随時)軽作業
・ノアザミの播種・育苗(随時)軽作業

  1. 2018/11/29(木) 16:02:53|
  2. ヒョウモンモドキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小春日和の池干し観察会

ikeboshikansatsukai20181117kansatsuen2.jpg
↑水がわずかに残ったトンボ池の底で”ガサガサ”。

数日前の予報ははずれ、今日は小春日和。

トンボ池で今年で3回目となる池干し観察会を行いました。

池干しの目的は次のとおりです。

① 外来種(ウシガエル)の駆除
せら夢公園の池には特定外来生物のウシガエルがいるので駆除します。

② 池の底にたまった有機物・栄養分の除去
池の底には落ち葉や水草などの有機物が徐々に溜まっていきます。
トンボ池はサギソウが自生する貧栄養湿地の水源ですから、
貧栄養の水質を維持するために有機物を除去します。
自然観察園では水と一緒に流すだけですが、
化学肥料が普及するよりも以前は、池の底の泥を田畑の肥料として利用していました。
明石市では海の貧栄養化によるノリの色落ちを改善するために、
一時は行われなくなっていた池干し(かいぼり)を復活させ、池の底にたまった栄養分を積極的に海に流す取り組みが行われています。

③ 生き物の観察
どんな生き物が池を住処にしているかを調べます。

ikeboshikansatsukai20181117kansatsuen3.jpg

残念ながら、池でしばしば見かけるウシガエルの成体を捕らえることはできませんでしたが、
いろんな生き物を観察することが出来ました。
ヤゴなど同定が難しい生き物もいましたが、成体や産卵の様子から以下のようにまとめてみました。

yago20181117kansatsuen.jpg
↑一番たくさんとれたのはクロスジギンヤンマとギンヤンマのヤゴ。

mushi20181117kansatsuen.jpg
↑大きいのが巣から取り出したトビケラの仲間の幼虫(体長約1.5cm)。左下は甲殻類のミズムシ、右下はカゲロウの仲間の幼虫。

tobikera-youchuu20181117kansatsuen.jpg
↑ミノムシのようなトビケラの幼虫がつくった巣。

otama-era20181117kansatsuen.jpg
↑ツチガエルのオタマジャクシ。矢印で示しているのは片側にだけある鰓穴(さいけつ)。オタマジャクシの鰓(エラ)は体の中にあって見えませんが、口から吸った水はこの穴から体の外に出しています。

【トンボのヤゴ】
クロスジギンヤンマ
ギンヤンマ
オオルリボシヤンマ
ネキトンボ
ハラビロトンボ
イトトンボの仲間

【カメムシの仲間】
マツモムシ
コマツモムシ
ミズムシ
マルミズムシ
ミズカマキリ

【その他の昆虫】
ハイイロゲンゴロウ
トビケラの仲間の幼虫
カゲロウの仲間の幼虫

【甲殻類】
ミズムシの仲間

【オタマジャクシ】
ツチガエル

参加してくれた子どもたちは
「マルミズムシのような小さな生き物が観察できてよかった」
「クロスジギンヤンマとギンヤンマのヤゴの違い、雄雌の見分け方が分かった」
と、感想を話してくれました。

ikeboshikansatsukai20181117kansatsuen.jpg
↑胴長をはいたままだと汗ばむほどの陽気でした。

  1. 2018/11/17(土) 17:24:20|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0