せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

せら夢公園の”田植えまつり”

taue20170624kansatsuen.jpg
▲東広島市からやってきた岳くん(ガックン)と手ほどきをしていただいた地元の下原さん

天気が心配されましたが、午前中は雨は降らず絶好の田植え日和でした。

開始時間の10時に集まったのは、地元の下原さんとサポーターズクラブの中島会長と管理人の3人。

去年は管理人の一人のさみしい田植えでしたが、今年は3人に仲間が増えて百人力です。

taue20170624kansatsuen3.jpg
▲植えはじめた時の参加者はほぼ関係者のみ・・・

メールで申し込みのあった向島から村上さんは少し遅れるとのことで、とりあえず3人で始めることにしました。

半分ほど植え終えて休んでいると、虫取り網を持った小さな男の子とご両親と思われる男女が田んぼのほうにやってきました。

「田植えをしましょう!」と呼びかけると、すんなりOK。

植手はガックン5歳を加えて4人になりました。

そうこうしているうちにMさんも3人のお子さんを連れて到着。

taue20170624kansatsuen2.jpg
▲村上さんとお嬢ちゃんもどんどん植えていきます。

植手は7人に増えて順調に田植えは進んでいきました。

結果、11時半頃には無事田植えを終えることができました。

taue-zenin2017kansatsuen2.jpg  
▲通りかかかったご来園者にシャッターを押してもらって記念撮影。実はもう一人小学5年生がいたのですが、彼は虫取り中で写ってません。

植えたのはもち米。

10月に稲刈りをして、11月に脱穀、12月と1月には餅つきをします。

稲刈りには是非みなさんもご参加ください。

【今日の作業】
・湿地の畦の草刈り 1時間
・田植え 正味1時間
・ヤチシャジンの周りの草刈り 30分

スポンサーサイト
  1. 2017/06/24(土) 16:50:15|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モリアオガルの産卵

moriaogaru20170622kansatsuen3.jpg 
▲自然観察園の中ほどにある池の岸辺に生えたヤナギで見つけたモリアオガエル

今年もモリアオガエルが卵を生んでくれました。

初めて観察できたのは一昨年。

以来、3年続けて同じ木に泡状の卵塊を生みつけています。

今年は、近くの枝にたたずむモリアオガエルも見つけることができました。

moriaogaeru-tamago20170622kansatsuen.jpg
▲ヤナギの枝に生みつけられたモリアオガエルの卵塊

手に取ってみると、前足の親指が太めなのでオスのようです。

moriaogaru20170622kansatsuen.jpg 
▲シュレーゲルアオガエルの前足と比べると指が長く吸盤が大きい

今月12日には、公園近くの世羅町徳市地区の民家の池でもモリアオガエルの卵塊が見つかっています。

人により持ち込まれたものか、それとも分布を広げつつあるのか管理人にはよくわかりませんが、今日見つけたモリアオガエルは生まれて初めて見たモリアオガエルです。

なかなか可愛いカエルですねぇ。

ところで、今日の午前中は、6月24日(土)に予定している田植えに備えて代掻きを行いました。

shirokaki20170622kansatsuen.jpg
▲歩行式の耕運機による代掻き

畦の草も刈って、準備万端で皆様のご参加をお待ちしています。

もちろん、モリアオガエルの卵もご覧いただきます。

【今日の作業】
・田んぼの代掻き 2時間
・田んぼの畦草刈り 1時間

【その他】
・世羅中学校2年生の職場体験2名受け入れ。ノアザミの切り花を飼育ハウスに入れる。

  1. 2017/06/22(木) 18:52:47|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

”せら夢公園の田植えまつり”のご案内

tauematsuri20170624.jpg
▲せら夢公園の田植え祭りのご案内

ご案内が遅くなりましたが、せら夢公園自然観察園にある田んぼで餅米の田植えをします。

参加ご希望の方は公園管理センター前に10時にお集まりください。

参加費は無料です。

なお、10月には稲刈り、12月とお正月にはお餅つきの予定です。

今年のお正月にも、自然観察園で育てた餅米でお餅つきをやりましたよ。

【本日の行事】
世羅西中学校3年生の「世羅の自然・歴史探求学習」自然班(8名)の対応

  1. 2017/06/21(水) 17:23:48|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山の日のヒョウモンモドキ観察会

modoki-kansatsu20170604kansatsuen.jpg  
▲ヒョウモンモドキの飼育ハウスの中で説明する井藤会長。広島ホームテレビとせらケーブルネットの取材もありました。

6月4日(日)は山の日のイベントがあり、これにあわせてヒョウモンモドキ観察会を行いました。

遠くは東京、千葉、大阪からの参加者もあって、40名ほどの方にチョウをご覧いただきました。

そのほかにも、見ごろを迎えたトキソウやハッチョウトンボも楽しんでいただきました。

sizenkansatsu20170604kansatsuen.jpg
▲自然観察園や飼育施設までの道のりはサポーターズクラブの中島さんと管理人がご案内。

modoki20170604kansatsuen.jpg 
▲”ノアザミポスト”に投函していただいたノアザミの切り花が大活躍。次々と羽化するヒョウモンモドキの大切な蜜源になっています。

noazami-post20170604kouen.jpg
▲ノアザミ持参で観察会に参加していただいた方も。感謝!

tokisou20170604kansatsuen.jpg
▲湿地ではトキソウが見ごろ

aburamushitentoumushi20170604kansatsuen.jpg
▲ノアザミにはアブラムシと天敵のテントウムシが・・


【作業】
6月5日(月)
・メダカ池のり面、湿生花園畔除草(3時間)

  1. 2017/06/06(火) 17:45:20|
  2. ヒョウモンモドキ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。