せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ツバメ(燕)

tsubame20160519kouen.jpg
▲卵を抱くのを一休みして外の様子をうかがうツバメ(燕)

コシアカツバメ(腰赤燕)がせっせと巣作りに励んでいるのをしり目に、
ツバメ(燕)はとっくに卵を抱いています。
見てのとおり、公園管理棟に設置してある雨除け天幕の骨組みに元々あったものを使っています。
しかも、先日紹介したコシアカツバメの巣と比べると、使っている土の量は半分以下です。
この調子でいけば、秋までには2回目の子育てをするかもしれません。

koshiakatsubame20160519kouen.jpg
▲完成間近(もしくは完成)のコシアカツバメ(腰赤燕)の巣

一方、コシアカツバメはというと、巣がそれらしくなってきました。
建築中であれば、運んで間もない土が黒く湿っているのですが、土は全部乾いていますから完成したのかもしれません。
巣の近くの照明に仲良く二羽とまっているのを見かけるので、卵はまだ温めていないようです。
ツバメにだいぶ遅れをとったコシアカツバメ。
これから始まる子育てが楽しみです。
そうそう、糞対策も急がなくてはいけません。

スポンサーサイト
  1. 2016/05/19(木) 16:50:58|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。