せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

里山整備

今日のサポーターズクラブの里山整備は、
里山の散策道周辺のモウソウチクの除伐を行いました。


モウソウチク

2012年からの整備の効果か、
モウソウチクの幹も細くなり
ササのような小竹も多くなってきました。


モウソウチク

作業の労力は格段に少なくなっています。

少しずつですが、継続の力ですね。


ありがとうございました。





広島ブログ
スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 18:17:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝の夢公園

今朝のせら夢公園

夢公園


昨日は路面の雪もとけていましたが、
またうっすらと積っています。
昼にはとけるでしょうが、
芝生広場にはしばらく雪がのこりそうですね。




広島ブログ
  1. 2015/01/31(土) 08:20:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマアカガエル産卵

先日整備した自然観察園のヒヨセ

ヒヨセ

探してみると、、、

ありました!


卵塊


ヤマアカガエルのたまごです!

卵塊

今日は雪で隠され、すべては見れてはいませんが、
3卵塊を見つけることができました。

今週26日前後の雨で産卵したのでしょう。

過去の産卵開始日は、
2014年は2月3日
2013年は2月2日
2012年は2月7日
2011年は2月9日
2010年は1月28日
2009年は2月1日
でしたので、
今シーズンは例年よりやや早め、といったところでしょうか。

暖冬との予想が出ていたこの冬、
ヤマアカガエルの反応も、今のところそんな感じです。

今シーズン、これからどこまで産まれてくるのか、
期待と不安がありますが、見守っていきたいと思います。

観察会は、3月1日(日)の午後1時から行いますので、
こちらもぜひご参加ください。




広島ブログ
  1. 2015/01/30(金) 18:01:26|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今朝のせら夢公園

せら夢公園


久しぶりの雪景色。

湿った春の雪です。



駅蕎麦の湯気やはらかき雪眼かな (細川加賀)




広島ブログ
  1. 2015/01/30(金) 10:11:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカガエルたち

昨日ヒヨセ管理で出会った
アカガエルたち


ヤマアカガエルのメス


ヤマアカガエル


ヤマアカガエル


ヤマアカガエル

大きなお腹には
たまごがたくさん!


こちらは
ニホンアカガエルのオス


ニホンアカガエル

前足も太く、
いつでもメスを抱ける態勢に入っています。


今年はたまごがどのくらい見られるか、
楽しみです。




広島ブログ
  1. 2015/01/25(日) 17:51:36|
  2. カエル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒヨセ整備

冬季に行っている
貧栄養湿地のヒヨセの管理


ヒヨセ


ヒヨセ

水の通りが良くなりました。

作業中にはいろいろな生きものに出会います。


ガムシ


ガムシ



イモリ

イモリ



クロスジギンヤンマのヤゴ

クロスジギンヤンマ


アカガエルたちにも出会いました。

そろそろ産卵のシーズンかな?



広島ブログ
  1. 2015/01/24(土) 18:45:49|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

イノシシ

センサーカメラに写っていた
イノシシ


イノシシ


イノシシ


お乳が大きいので、お母さんでしょうか。


イノシシの名前の由来は、
「イ(猪)のシシ(肉)」から。
直訳すると
“イと鳴く肉になる獣”といったところでしょうか。

「イ」だけで、イノシシのことを言い表せますが、
これは鳴き声から来ているのだと思います。

英語では、イノシシのなかまである
ブタの鳴き声を
“Oink(オインク)”と表現されるそうですので、
近いところがありますね。


「イ」の一文字で表されてきたイノシシ。
それだけ日本列島に暮らす人々が
古くから関心を寄せてきた動物であると言えるでしょう。




広島ブログ
  1. 2015/01/23(金) 17:31:49|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノウサギ

里山の散策道、センサーカメラに写っていた
ノウサギ


ノウサギ

ノウサギ



広島ブログ
  1. 2015/01/22(木) 17:41:19|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アナグマ

以前、罠にかかっていたのを見に行った
アナグマ


アナグマ

タヌキとよく混同され、“むじな”とも呼ばれる動物。
タヌキはイヌ科ですが、
アナグマはイタチ科になります。


アナグマ

しっかりとした爪と前足。
これで巣穴を掘るのだそうです。


アナグマ

世羅台地にもこんな動物がいるのですね。

せら夢公園のセンサーカメラにも
アナグマらしき動物が写っていました。


アナグマ

アナグマ




広島ブログ
  1. 2015/01/21(水) 17:47:03|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

調査技術向上研修会

先日参加してきた
モニタリングサイト1000里地調査 全国サイト間交流会
では、植物同定の調査技術向上研修会も行われました。

植物の押し葉標本の作り方や図鑑の使い方、
調査の心構え等、再確認させて頂きました。



研修会


植物を見分けるには、細かい特徴を捉える必要があるので、
デジカメの接写機能も有効です。

カヤツリグサ科 フトイ属の
「ホタルイ」と「イヌホタルイ」を見分けるには、
柱頭が3つに分かれているか、2つに分かれているか
を確認する必要があります。



ホタルイ

肉眼ではなかなか捉えきれませんが、
デジカメで接写して、ズーム再生してみると


ホタルイ

柱頭(写真では茶色い毛のような部分)が
3つに分かれているのが分かります。
これはホタルイになります。


こちらは似ていますが、


イヌホタルイ

接写、ズーム再生してみると

イヌホタルイ

柱頭は2つに分かれていますので、
イヌホタルイになります。

便利な道具が身近な時代になりました。


今回参加した成果をまた世羅台地の取り組みに
還元していければと思います。




広島ブログ
  1. 2015/01/20(火) 18:33:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モニ1000里地調査サイト間交流会

昨日は、福岡県北九州市で行われた
「モニタリングサイト1000里地調査 全国サイト間交流会」
に参加してきました。

モニタリングサイト1000とは、
全国1000か所で100年間、自然を記録・モニタリングしていこう
という環境省のプロジェクト。
その内の里地調査は、市民が調査する方法が採られており、
世羅台地でも行われています。

せら夢公園でも、その調査手法を活用して、
カエル類哺乳類植物相チョウ類の調査を行っています。

会場の、北九州市立
いのちのたび博物館。


いのちのたび博物館

恐竜たちの化石骨格レプリカの展示は大迫力です。

モニ1000里地調査のポスター展示会場。


モニ1000

モニ1000


世羅台地の取り組みも掲示されていました。

モニ1000


当ブログでも、
小学生との観察会調査サイエンスカフェ
アライグマの発見、等について紹介してきました。


今後も、
身近な里山の自然に関心を持って向けられる“目”を
少しでも多くできるように
取り組んでいきたいと思います。




広島ブログ
  1. 2015/01/19(月) 17:59:57|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノアザミとゾウムシ

自然観察園のノアザミにとまる
ゾウムシのなかま


ゴボウゾウムシ?

(写真は2010年6月撮影)

ゴボウゾウムシのなかまでしょうか。
ノアザミのつぼみ等に卵を産み付け、
幼虫はそれをエサに育つようです。

チョウ類をはじめ、多様な生きものたちが
ノアザミを利用して生きています。




広島ブログ
  1. 2015/01/18(日) 17:56:25|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミゾカクシ

自然観察園に咲いた
ミゾカクシ


アゼムシロ

(2010年6月撮影)

湿ったところに生える
キキョウ科 ミゾカクシ属の多年草。
水田雑草としても知られています。

溝を隠すほどに茂るようすから、ミゾカクシ。
別名の“あぜむしろ”も、畦にむしろを敷いたように茂るようすから。

大きさは違いますが、
花のかたちが似ているサワギキョウ
ミゾカクシ属のなかまです。



広島ブログ
  1. 2015/01/17(土) 18:20:43|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニイニイゼミ

自然観察園で、以前見かけた
ニイニイゼミ


ニイニイゼミ

(2010年7月撮影)



広島ブログ
  1. 2015/01/16(金) 18:13:48|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クサシギ

以前、夢公園の近くの休耕田で撮った
クサシギ


クサシギ

クサシギ
(写真は2008年4月撮影)


雑草が繁茂するのを抑えるためか
代かきをした後の田んぼでエサを探しているようでした。

制度の見直し以前の当時は、
米の生産調整をする、
作付をしないが代かき等の管理をして農地の機能を保全する
調整水田というのがあり、
こうした生物の生息環境としても大きく
機能していたのではないかと思います。




広島ブログ
  1. 2015/01/15(木) 18:02:20|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオミズスマシ

自然観察園のため池などで見られる
オオミズスマシ


オオミズスマシ

左右の縁にある、黄色いラインと、後方のトゲ
が特徴。


オオミズスマシ
(写真は2008年4月撮影)

おだやかな水面を、くるくるとすばやく泳ぐ
水生甲虫。

環境省の準絶滅危惧に指定されています。




広島ブログ
  1. 2015/01/14(水) 18:07:01|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大見の三富士

世羅台地の玄武岩ドーム
大見の三富士


大見の三富士

写真左から、
旗山(はたやま)、権現山(ごんげんやま)、頭士山(ずしやま)。
夢公園の入り口ゲート近くからの景観です。

世羅町の大見(おおみ)地区にある玄武岩ドーム
3山が並んで見られるのは、ここだけ!?

ちなみに“大見の三富士”とは、
地元のある方より頂いた教えて頂いた愛称。

ですが、他の複数の方からは
聞いたことがない、という反応も・・・。

でも、語呂が良いのでOK!

大見の三富士、ぜひ一度は確認してみてください!



広島ブログ
  1. 2015/01/13(火) 18:43:40|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

玄武岩ドーム

せら夢公園の夢見山(502m)から見える
玄武岩ドーム

正面に目立つ早山ヶ城、高山、女鹿山、男鹿山、権現山、頭士山
以外にも見られます。

自然観察園のある方向には
へそ石山(494m)。


へそ石山

へそ石山

昭和52年発行の「世羅台地の自然-科学研究の記録-」によると、
『この山に特別な名称はないが、付近に、
へそ石谷と呼ばれる谷間があり、(中略)
へそ石山と呼ぶことにした。』とありました。

へそ石と呼ばれる、へそのような丸い窪みのある
玄武岩の石が見つかっています。
玄武岩マグマが噴出した証拠の1つです。

へそ石山は自然観察園のトンボ池からも見られます。


へそ石山




夢見山からは、この地域の最高峰「宇根山」(698.8m)も見えますが、
その近くには、
月ヶ平」(550m)が見られます。


月ヶ平

月ヶ平

前出の本には、「大山」と紹介されている
玄武岩ドームです。

その他、
里山の散策道からは、三大明神山が、
公園入り口付近では、“大見の三富士”として「旗山」が、
「新山」は、せら里山楽校の“わくわく広場”から見られます。


せら夢公園は、世羅台地の主要な玄武岩ドームが見える
良いスポットと言えるでしょう。




広島ブログ
  1. 2015/01/12(月) 18:39:23|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イエネコ

里山の散策道、センサーカメラにも
イエネコが写っていました。


ネコ

この子はシロクロの白靴下



ネコ

この子はキジトラでしょうか。


私もネコ好きなのですが、かわいらしい反面、
イエネコはすばらしいハンターでもあります。

実家のネコも、キジやノウサギを捕獲していました。

ノウサギを捕獲した時に送られてきた写メ


ノウサギ


イエネコが野生化すると、
在地の生態系に多大な影響を与える例も数多く知られており、
「世界の侵略的外来種ワースト100」にも指定されていますので、
注意が必要です。




広島ブログ
  1. 2015/01/11(日) 18:00:29|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

わき水

先日の雪の観察園

わき水

貧栄養湿地エリアの散策道で
雪が積もっていないところ。
わき水が出ているところです。
量は少ないですが、じゅるく、近くに
イヌセンブリが見られます。

(そういえば、今年度はイヌセンブリの花は見れましたが、
センブリは見れなかったですね・・・)


こちらはメダカ池近くの草地。


わき水

ここでも、わき水の出るところには
雪が積もっていませんでした。

わき水があると、周りよりあったかいのでしょうか。


雪の日の発見でした。




広島ブログ
  1. 2015/01/10(土) 21:10:17|
  2. 地学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニホンジカ

センサーカメラ
シカが写っていました。


ニホンジカ

角が立派なオスのニホンジカ。
亜種としてはホンシュウジカになるのでしょうか。


ニホンジカ


角は4つに枝分かれしており、
4歳以上と思われます。




広島ブログ
  1. 2015/01/10(土) 18:15:33|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ツマキチョウ

今年のチョウ類調査
チョウの道ウオーキング」で見られた
ツマキチョウ (2014年4月25日)


ツマキチョウ

年1回、春にだけ見られるシロチョウ科のチョウ。

幼虫はタネツケバナなどのアブラナ科の植物を食べるそうです。

オスには、名前の通り、
はねの先に黄色のもようが見られます。

この春も3月から、チョウの道ウオーキングを再開する予定。

また見られるといいですね。



広島ブログ
  1. 2015/01/09(金) 18:32:36|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤマシギ

里山の散策道、センサーカメラ
ヤマシギが写っていました。


ヤマシギ

ヤマシギ

ヤマシギは西日本では冬鳥として、
冬季に渡ってきます。
以前も11月ごろに園内で撮影していました。


ヤマシギ

ヤマシギ


夕方から活動する夜行性で、
ミミズなどを食べるそうです。


また見られたらいいですね。




広島ブログ
  1. 2015/01/08(木) 18:30:13|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

センサーカメラの鳥

里山の散策道、センサーカメラ
シロハラが写っていました。


シロハラ

シロハラを拡大

シロハラ

次のシーンでは
後ろ姿が写っていました。


シロハラ



カワラヒワも写っていました。

カワラヒワ

小さめの鳥が小さく写っていました。

カワラヒワ


よく見かける鳥でも、こうしてセンサーカメラに写ると
嬉しいですね。




広島ブログ
  1. 2015/01/07(水) 18:24:59|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪あそび

正月三が日での雪あそびのようす(跡)

定番な雪だるま


雪

今年は、3~4頭身と欧風な雪だるまも。
昨年流行った某海外アニメ映画のキャラクターでしょうか。


雪

赤い目のかわいい子もいました。


おだんごやさん??


雪


かまくらも!

雪


こちらの“かまくら”は
イス、テーブル付きです!


雪

内でお弁当も食べていました!


そりすべりにスキートレッキング
せら夢公園での雪あそびも年々進化しているようです。


安全には十二分に配慮して、
雪のせら夢公園を楽しんで頂ければと思います。




広島ブログ
  1. 2015/01/06(火) 18:34:05|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園ウオーキングのつづき

昨日の「自然観察園ウオーキング」のつづき。

里山の散策道で
明神山への眺望

津田の明神山


津田明神山

山頂付近に白く雪が見えます。
眺めの良いように里山整備をされているのでしょうね。

雪の日にはこういうこともわかります。

黒川明神山。


黒川明神山

こちらも整備されているようですね。

ちなみに、上田の明神山には、こちらからは
そういったところは見られませんでした。


イノシシも歩いた、白雪積る
里山の散策道。


里山の散策道

木の幹の右側に雪が張り付いていて、
風雪の跡が見てとれました。

ネズの木が傾き下がっているところも。


里山の散策道

“木のトンネル”はこうしてできるのですね。


コウヤボウキの枯れ枝にできた
トックリバチのなかまの巣の跡


トックリバチ類の巣

雪があると、葉が埋もれる等して
見つけやすいですね。



ヒサカキ

春を待つ
ヒサカキのつぼみ




テンの糞?

雪道に、おとしもの。
入っているのは柿の種?
テンのでしょうか。


いろいろな発見ができた
雪の自然観察園ウオーキングでした。




広島ブログ
  1. 2015/01/05(月) 17:54:55|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自然観察園ウオーキングを行いました!

今日は“新春初歩き”と冠して、観察会
「自然観察園ウオーキング」を行いました。

2日からの雪が心配でしたが、災い転じて福となす、
雪の里山を楽しむ観察会となりました。

雪の上を歩く小さなクモを見つけたり、
キツネの足跡を観察したり。


足跡

里山の散策道では、イノシシの足跡に混じって、
スキー板の跡が。
雪のせら夢公園を存分に楽しまれた方がおられるようです。


足跡

手前のイノシシの足跡のとなりに
鳥の足跡。
ヤマドリでしょうか。




足跡

ノウサギの足跡もありました。



足跡

小さな足跡と、ちぎられ飛んだススキの葉と種。
ネズミ類かと思っていましたが、
どうやら小鳥の類のようです。
ミヤマホオジロあたりでしょうか。



足跡

そんな足跡やススキ、メリケンカルカヤの種などに注目していたら、
なんと

カスミサンショウウオに出会えました!



カスミサンショウウオ

雪の上にいるカスミサンショウウオは初めて!
今月末には産卵が始まってくる時季とはいえ、
この寒い中、なぜ出ていらしたのでしょうか!?


カスミサンショウウオ

以前、2月の「早春の湿地観察会」では、天然湿地のあたりで、
朽木の下から見つかったことがありました。
観察会では久しぶりのご対面! 嬉しいですね。


カスミサンショウウオ

カスミサンショウウオは「サイエンスカフェ」でも話題になりましたし、
今後も注目したい生きものの1つですね。


途中、雨がぱらついたのですが、お天気もなんとか持ちました。

そして、
雪の夢公園にかかる虹!


虹


雪、カスミサンショウウオ、虹
と幸運な出会い出来事に恵まれた
新春初歩きの観察会となりました。




広島ブログ
  1. 2015/01/04(日) 18:09:58|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正月たこあげまつりを行いました!

今日3日は、
正月たこあげまつり」を行いました。

朝は昨日に続いて白銀の世界でしたが、
今日はいいお天気!

ビニールだこをみんなでつくりました。


たこあげ

自分たちで作ったたこを、電線もない
広いせら夢公園に飛ばします。


たこあげ

足元は悪かったですが、
思いの外よく飛んだようです。


たこあげ


雪で濡れて、壊れたたこもありましたが、
すぐに修理できるのも、ハンドメイドのたこの良さ。

最近は、たこを揚げたことがないと言う人もちょくちょくおられますが、
日本の文化を体験して頂く機会となりました。

雪あそびも楽しんで頂けたようです。



鶏鳴のすこし嗄(か)れたる三日かな (水谷静眉)




広島ブログ
  1. 2015/01/03(土) 18:18:27|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あけましておめでとうございます

みなさま、
あけましておめでとうございます。

正月2日、今朝のせら夢公園


夢公園

昨晩からの雪で、真っ白。

この白いキャンバスに今年はどんな夢が花開いてゆくのでしょうか。

そんな思いで始まった2015年のせら夢公園です。

今年も何卒よろしくお願い致します。


明日は「正月たこあげまつり」を予定しておりますが、
往路の雪、凍結には充分にご注意願いたいと思います。



一期は夢一会はうつつ旅はじめ (石 寒太)




広島ブログ
  1. 2015/01/02(金) 15:15:25|
  2. 公園管理
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。