せら夢公園 自然観察園ブログ

自然観察園、世羅台地の野山と田んぼからの日々のたより

ヤマドリ

里山の散策道のセンサーカメラ
ヤマドリが写っていました。


ヤマドリ

ヤマドリ

ヤマドリのオスに特徴的な長い尾羽がありませんので、
メスまたは若いオスということになると思います。


ヤマドリ

ヤマドリ


今後もセンサーカメラにどんな生きものが写るのか
楽しみです。



広島ブログ
  1. 2014/05/31(土) 22:30:52|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノウサギ

里山の散策道のセンサーカメラ
ノウサギが写っていました。


ノウサギ

前回のは夜間の写真でしたが、
今回は昼間。
体色も分かります。


ノウサギ

ふだん目にしない生きものを捉える事ができる
センサーカメラはおもしろいですね。



広島ブログ
  1. 2014/05/31(土) 18:23:32|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初夏

夢公園に咲く
エゴノキ

エゴノキ

ハナバチのなかまが忙しく飛びまわっています。

里山の散策道には
シライトソウ

シライトソウ

若葉が茂り、薄暗くなった里山林では
白い花が目立ちますね。


シライトソウ

湿地では
ハッチョウトンボがたくさん出てきています。
こちらはメス

ハッチョウトンボ

こちらはオスの
ハッチョウトンボ

ハッチョウトンボ

オスが赤く成熟するのは、もう少し後ですかね。


薄暑はや日蔭うれしき屋形船 (高浜虚子)



広島ブログ
  1. 2014/05/28(水) 18:06:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイエンスカフェみつぎ8

24日(土)には、
サイエンスカフェみつぎ8」が行われました。


サイエンスカフェみつぎ8

今回は、佐藤さんから
尾道市内のカスミサンショウウオについて
話題を頂きました。


サイエンスカフェみつぎ

まずは、尾道市内に、
カスミサンショウウオがいることに一同驚きでした!

ですが、その生息地も
田んぼの耕作放棄等による荒廃、水路の改修等によって
減少しているそうです。

また、産卵・繁殖について、カスミサンショウウオの幼生
おたまじゃくしは共食いすることは知られていますが、
同じ水辺を繁殖地として利用するカスミサンショウウオたちは、
強いオスと最初に交尾する強いメスから生まれたおたまじゃくしを育てるために、
その後に産卵するメスは、エサを供給する役割を担っているのではないか、
という仮説を、野外での観察や飼育と多くの計測データから推察されていました。

子どもさんとの自由研究でなされたそうですが、
サイエンスの醍醐味を目の当たりにすることができました。

こうした活動を保全の取り組みにもつなげていけるようにしていきたいですね。


また、これまで当ブログで紹介した、
せら夢公園とその周辺域のカスミサンショウウオについての記事
一覧にしてみました。

<2011年>
4月4日:卵嚢(手水鉢)
4月27日:卵嚢(手水鉢)
<2012年>
3月1日:卵嚢
3月2日:過去の卵嚢・成体写真
3月16日:おたまじゃくし、成体♂
5月7日:成体(貧栄養湿地エリア、非繁殖期)
<2013年>
2月21日:成体(天然湿地エリア)
2月25日:成体♂(天然湿地エリア)
3月13日:卵嚢(カスミサンショウウオの池エリア)
4月4日:卵嚢(富栄養湿地で初確認)
4月6日:卵嚢(富栄養湿地)
4月9日:卵嚢、成体(富栄養湿地)
<2014年>
2月23日:卵嚢
3月22日:卵嚢、成体
4月13日:卵嚢(富栄養湿地)

せら夢公園でも、カスミサンショウウオについて
今後も見守っていきたいと思います。

次回のサイエンスカフェみつぎは、
6月28日(土)の18時30分から、
「ヤモリ」をテーマにお届けする予定です。
乞うご期待



広島ブログ
  1. 2014/05/27(火) 18:14:32|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

生きもの観察2

町内での農業体験イベント
日曜日は黒川地区で生きもの観察のお手伝い。


生きもの観察

ノアザミが刈り残された畦
ヒヨセ
生きものも育てるこめ作りを実践されている田んぼです。

ハルゼミが鳴き、
子どもたちも生きものと戯れます。

この日は、
トノサマガエル、ツチガエル、ヌマガエル、アマガエル、アカガエル類、
イモリ、メダカ、ドンコ、ガムシ、
シオヤトンボ、シオカラトンボ、ヨツボシトンボ、ハラビロトンボ
などが観察できました。


イベント中に見つけた蝶、
コチャバネセセリ

コチャバネセセリ

アサマイチモンジ
アサマイチモンジ


子どもたちの虫とり、生きもの観察も
世羅台地の大切な原風景の1つです。


金魚田のほか余すなく田を植うる (川口雨太郎)



広島ブログ
  1. 2014/05/27(火) 16:14:07|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

生きもの観察

今日は、毎年町内で行われている農業体験イベントで、
生きもの観察のお手伝いをしてきました。

午前中は黒渕地区。


田植え体験

田植え前の田んぼをよく見ると、
小さなおたまじゃくしやミジンコがたくさん。
赤とんぼのなかまのヤゴも見ることができました。


赤とんぼヤゴ

田んぼで生まれ育つ赤とんぼ。
今年も秋の稲刈りでまた会えるといいですね。

泥んこになった後は、近くの川で生きもの観察。
大きなクサガメにも会えました!


クサガメ

ここでは、他に、
トノサマガエル、ツチガエル、アマガエル、アカガエル類、
ドンコ、ドジョウ、カワムツ、ヨシノボリ類、
カワニナ、オニヤンマのヤゴ、トビケラ類
などが観察できました。
昨年に続いて、珍しい生きものにも出会えて良かったです。

午後からは、田打地区。
田んぼビオトープで生きもの観察です。


田んぼビオトープ

トノサマガエル、アマガエル、アカガエル類、イモリ、
ドジョウ、ガムシ、ヒメガムシ、オオコオイムシなど観察できました。

地元の方が前日にすくってくれた
タッチプールも大好評。


生きもの観察

タイコウチもいました。

タイコウチ他

今年は1匹しか見ない、と地元の方。
今後、注目の生きものの1つです。

オオタニシもいましたね。


オオタニシ

タッチプールには、他にも、
メダカ、ドンコ、ドジョウ、カワムツ、フナ類、
クサガメ、イモリ、トノサマガエル、アマガエル、アカガエル類、
ガムシ、ヒメガムシ、クロゲンゴロウ、タイコウチ、
オニヤンマのヤゴ、カワトンボ類のヤゴ、
ヌマエビ類、カワニナ、オオタニシ
などがいました。

会場から見た
玄武岩ドームの山「月ヶ平(つきがひら)」


月ヶ平


六条大麦も色づいてきています。

六条大麦



教師みな声を嗄(から)して麦の秋 (岩田由美)



広島ブログ
  1. 2014/05/24(土) 18:15:01|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニワゼキショウ

メダカ池近くの草地に
ニワゼキショウが花を咲かせていました。


ニワゼキショウ

アヤメ科 ニワゼキショウ属の一年生または多年生の草本。
北アメリカ原産の外来植物です。


ニワゼキショウ

花はきれいなんですけどね・・・。

子どもの頃のお手伝い、
庭の草取りで、シバ以外の草を抜いていたのですが、
このニワゼキショウの“草”をひいていたら、
これは“花”だから、ひいてはいけない!
と母に叱られた、思い出深い植物です。




広島ブログ
  1. 2014/05/23(金) 18:18:12|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田植え体験

先日は、御調町の小学生
田植え体験を行いました。


田植え

田んぼの多い御調町ではありますが、
田んぼに入ったことのない子も半分くらい。
小さな田んぼにチームワークで植えていきました。

あぜには
サギゴケ

サギゴケ

ミゾカクシ
ミゾカクシ

いろんな花が咲いていました。

トノサマガエル

トノサマガエル

他にもアマガエルやオオコオイムシなど、
子どもたちは生きものにも一生懸命!

短い時間でしたが、
田んぼと生きもののつながりを少しは感じでもらえたのではないでしょうか。

今後、また生きもの観察を行っていく予定です。


田一枚植ゑて立ち去る柳かな (芭蕉)




広島ブログ
  1. 2014/05/22(木) 18:16:18|
  2. 世羅台地の取り組み
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カマツカ

カマツカの花が咲き始めました。

カマツカ

粘り強い材が、鎌の柄に良いということで、
カマツカ(鎌柄)という名前があるそうです。




広島ブログ
  1. 2014/05/20(火) 18:16:08|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウラジロ

里山の散策道で見つけた
おもしろい形のぜんまい


ウラジロ

かたつむりの顔みたいに見えました。

正月飾りにも用いられる
ウラジロのぜんまいです。


ウラジロ

毎年段々に新しい葉を展開していく
ウラジロです。



広島ブログ
  1. 2014/05/19(月) 18:23:07|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チョウの道ウオーキング

今日は夢公園のチョウ類調査
「チョウの道ウオーキング」を行いました。

キシツツジの蜜を吸う
クロアゲハ

クロアゲハ

アゲハ
アゲハ

ヤマトシジミ
ヤマトシジミ

ツバメシジミ
ツバメシジミ

他に、幼虫も見つけました。
メスグロヒョウモンでしょうか。

メスグロヒョウモン

前胸から出た突起がおもしろいですね。

メスグロヒョウモン

「チョウの道ウオーキング」
今後も定期的に開催していきたいと思います。


遠つ世もかく飛びたるや夏の蝶 (吉屋信子)



広島ブログ
  1. 2014/05/18(日) 18:52:24|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

タヌキ

せら夢公園に
タヌキ


タヌキ

少し離れたところにいました。

タヌキ

センサーカメラに写っていたり、
湿地で頭骨を見つけたりしていますが、
昼間に見るのはあまりないですね。




広島ブログ
  1. 2014/05/18(日) 14:51:41|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カキツバタ

自然観察園の湿地で
カキツバタ(杜若)が花を咲かせています。


カキツバタ

世羅台地自生のカキツバタ
サポーターズクラブの方が増やしたものを移植しました。
移植してから6年目。
だいぶん増えて、活動の成果が出てきているように感じます。


カキツバタ



夕暮は人美しく杜若 (高木晴子)


広島ブログ
  1. 2014/05/16(金) 18:10:00|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

今シーズンのエヒメアヤメ

2011年から再び花を咲かせ始めた自然観察園の
自生エヒメアヤメ
今年も4月末から5月初旬に見られ、
4株が開花。昨年より1株増です。
花の数はそれぞれ、5輪、5輪、1輪、1輪でした。

昨年開花のようすを追った株について、
今年も並べてみてみたいと思います。

4月27日

エヒメアヤメ

4月29日
エヒメアヤメ

5月2日
エヒメアヤメ

5月4日
エヒメアヤメ

5月7日
エヒメアヤメ

2011年は3輪、2012年は4輪、2013年は8輪、2014年は5輪
咲いた株でした。

来シーズンはどうなるか、また楽しみですね。



広島ブログ
  1. 2014/05/15(木) 18:09:39|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ダイミョウセセリ

朝の里山の散策道。
ダイミョウセセリに出会いました。


ダイミョウセセリ

カメラをかなり近づけても
じっとしています。
まだ寝ぼけ眼だったのでしょうか。


朝の里山は昼とはまた違った楽しみがありますね。




広島ブログ
  1. 2014/05/14(水) 18:04:01|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ブタナ

せら夢公園の「のんびり草原」
芝生広場の横で黄色い花がたくさん咲き始めています。


ブタナ

花のシーズンも終わり始めた
タンポポの花に似ていますが、タンポポとは違うグループで、
ブタナという名前のヨーロッパ原産の外来植物です。


ブタナ

ブタナは、在来種と競合し生態系に悪影響をおよぼし得るということで
要注意外来生物に指定されています。

葉を地際にびっしりと広げ、なわばりを主張しているかのようです。


ブタナ


この十数年で一気に拡がった感のある外来植物。
駆除はなかなか難しいですが、生態系にどこまで影響してくるか、
見極めていきたいですね。



広島ブログ
  1. 2014/05/13(火) 17:56:28|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観察会を行いました!

今日は観察会でした。
春の摘み菜の観察会」の予定で、昨年は実際に摘んで試食したのですが、今年は
このところの気温の急上昇もあって時機を逸してしまった感がありましたので、急遽
新緑を楽しむ会ということで、自然観察園を散策しました。

まずはホオノキの花がお出迎え。

ホオノキ

大きな葉っぱに大きな花

ホオノキ

つぼみも立派です。

ホオノキ

里山の散策道には
クマイチゴも花を咲かせていました。

クマイチゴ

コツクバネウツギも花が咲き始めました。
コツクバネウツギ

ラッパの形にも似た花がかわいらしいですね。

コツクバネウツギ

ガマズミ類の花もまだ咲いています。
来ているの昆虫は
ムネアカクロハナカミキリでしょうか。

ガマズミ類

トンボ池にはヨツボシトンボがたくさん飛び回っていました。
まだ羽化したてのは、岸辺に止まってくれてシャッターチャンス!

ヨツボシトンボ

散策道の周りには
コウゾリナがようやく花を咲かせました。

コウゾリナ

ため池には
コウホネの花

コウホネ

湿地には黄色い
サワオグルマの花が彩りを添えています。

サワオグルマ

アキグミの木にもたくさんの花がついていました。
公園植栽の実が根付いたのでしょうか。
ハナムグリ類や
ニホンミツバチといった虫たちがたくさんやってきていました。

アキグミ

最後に、食べられる植物の代表、
イタドリにも出会えました。

イタドリ

だいぶ伸びていましたね。

写真では表現できませんが、
ハルゼミの鳴き声、ウグイス等の鳥の声、
ハチ類の羽音、風の音など、
里山のサウンドも楽しめた新緑の観察会でした。


新緑の枝混り合ひ許し合ふ (保坂リエ)



広島ブログ
  1. 2014/05/11(日) 17:36:18|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ヒミズ

先日、自然観察園の散策道に横たわっていた
小動物の死体。
ひっくり返して、無傷だったお腹側を見てみます。


ヒミズ

ヒミズ
というモグラに近い動物です。


ヒミズ

モグラほど前足は発達していませんが、
落ち葉や腐植層に浅いトンネルを掘って生活しているそうです。

自分の手と大きさ比べ


ヒミズ

今までにも何度か自然観察園で見かけていますが、
久しぶりのご対面でした。
いずれも亡き骸でしか出会えていないのが残念。
ヒミズ(日不見)の名前の通り、
地表を歩きまわる時は夜のようです。

こういう出会いも
自然観察園にどんな生きものが暮らしているか
大切な情報源です。


標準和名:ヒミズ
分類:哺乳綱 トガリネズミ目 モグラ科 ヒミズ属


トガリネズミ目では、他に
ジネズミを確認しています。




広島ブログ
  1. 2014/05/10(土) 17:41:44|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

5月のイベント

遅くなりましたが、
5月のイベント、観察会のお知らせです。

11日(日)には、
観察会「春の摘み菜の観察会」を行います。


観察会ちらし

当日参加もOKです。
ぜひご参加ください。

また、
18日(日)の午前9時30分、県民公園管理センターのスタートで、
チョウ類調査「チョウの道ウオーキング」を行います。
こちらは、雨天中止です。
お気軽にご参加ください。


サイエンスカフェみつぎ8」も行われます。


サイエンスカフェみつぎ8

日 時:5月24日(土)18:30~20:00
場 所:まるみデパート 尾道市御調町市
参加費:無料(※ 季節のドリンクやチャイなど1ドリンクオーダーをお願いします)
話題提供者:佐藤 晋さん(世羅・御調の自然史研究会)

申込先:☎0848-36-5866(まるみデパート)
今回のテーマは、カスミサンショウウオ
佐藤さん親子が4年間にわたって調査した
尾道市のカスミサンショウウオの繁殖にまつわる
おもしろい生態についてお話します。

お気軽にまるみデパートへお立ち寄りください。

まるみデパートさんについては、
先日、中國新聞でも紹介がありました。


中國新聞記事


現在、
世羅町大田庄歴史館では、企画展示会
「世羅台地の自然めぐり」展Part12
日本でここだけの蝶 ヒョウモンモドキ
-世羅台地の生物多様性を守る取り組み-
が行われています。


企画展ちらし
企画展ちらし

先日の中國新聞でも紹介されていました。

中國新聞記事


ぜひお越しください。


広島ブログ
  1. 2014/05/09(金) 17:46:50|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カワセミ

自然観察園のトンボ池

カワセミ

カワセミがいました。

背中の青色と腹側の橙色がきれいな鳥ですね。


翡翠に杭置去りにされにけり (八木林之助)



広島ブログ
  1. 2014/05/08(木) 17:55:38|
  2. 鳥類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花咲く林床

自然観察園の里山

チゴユリが咲きました!


チゴユリ


バイカイカリソウも咲いています。

バイカイカリソウ


初夏の日射しが少し和らぐ里山の林床・林縁
白い花がまた涼しげでいいですね。




広島ブログ
  1. 2014/05/07(水) 18:29:36|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虫の春

せら夢公園の芝生広場「のんびり草原」
今日は小さな虫がたくさん
低空飛行で群がっていました。


コガネムシ

よく見てみるとコガネムシのなかま。
たくさんオスがメスを求めて飛び回っているようでした。


コガネムシ

この時期だけに見られるイベントですね。

芝生の花も伸びてきています。




広島ブログ
  1. 2014/05/06(火) 18:20:07|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タンポポ調査

5月31日(土)まで、
タンポポ調査 西日本・2015の調査期間が続いています。

自分たちの地域にはどんなタンポポが見られるか?
ぜひ参加してみてください。

世羅台地でもよく見てみると
いろいろなタンポポがあります。

一番良く見られるのはセイヨウタンポポですが、
花の白いシロバナタンポポもたまに見られます。


シロバナタンポポ


街中の駐車場の植え込みにも
変わったタンポポが見られました。


クシバタンポポ

葉がクシ(櫛)の歯のようにギザギザになっている
クシバタンポポ
⇒ヤマザトタンポポ

日本在来のタンポポで、
総苞外片(そうほうがいへん)は上向きです。


クシバタンポポ

こんなところにも出るんですね。

同所には、セイヨウタンポポとは別の外来種のタンポポ
アカミタンポポが見られました。


アカミタンポポ

花の時期の見た目は、小さなセイヨウタンポポという感じですが、
名前の通り、種が赤っぽいのが特徴です。
左がアカミタンポポ、右がセイヨウタンポポの種。


タンポポの種


せら夢公園にも、気になるタンポポが1株。

タンポポ

総苞外片は上向きですが、やや幅広。
植え込みに生えているので、どこからか運ばれてきた可能性もありますが、
何タンポポになるのでしょうか?


タンポポ

数年前から気になっています。
今回分かるといいですね。
(⇒ニセカントウタンポポと呼ばれる外来種のグループになるようです)

みなさんもタンポポ調査、
ぜひお気軽にご参加ください。



広島ブログ
  1. 2014/05/05(月) 12:39:27|
  2. 植物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノウサギ

里山の散策道のセンサーカメラ
ノウサギが写っていました。


ノウサギ

アップで・・・

ノウサギ


自然観察縁の里山には、いろいろな生きものが暮らしています。


広島ブログ
  1. 2014/05/04(日) 14:37:52|
  2. 生きもの
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植物観察ウオーキング

今日は植物観察ウオーキングを行いました。

散策道沿いの
ヤエムグラ


ヤエムグラ

小さな花を咲かせています。

ヤエムグラ

ミツバアケビの花も見られました。

ミツバアケビ

こちらが雄花

ミツバアケビ

こちらは雌花

ミツバアケビ

アカマツの枝には何かの幼虫がたかっていました。

ハバチ

アカマツの葉を食べています。
ハバチのなかまの幼虫でしょうか。

季節の生きものに出会う
自然観察園のウオーキングです。



広島ブログ
  1. 2014/05/03(土) 17:46:29|
  2. 観察会
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2